2017/2/17 11:55

映画『ムーンライト』のマハーシャラ・アリ、トム・ハーディ主演の映画『Triple Frontier(原題)』に出演交渉中

映画『ムーンライト』で第23回全米映画俳優組合賞(SAGアワード)を受賞したマハーシャラ・アリは、トム・ハーディとチャニング・テイタム主演の米パラマウント・ピクチャーズの映画『Triple Frontier(原題)』に出演交渉中だ。

J・C・チャンダーが監督を務め、マーク・ボールが脚本を手掛ける。

アトラス・エンターテイメントのチャールズ・ローヴェンとアレックス・ガートナーがプロデュースを手掛ける。ボール、キャスリン・ビグロー、スティーヴン・ジョーンズ、ニール・ドッドソン、アナ・ゲルブがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

同作は、イグアス川とパラナ川が交差するパラグアイ、アルゼンチン、ブラジルの境界線が舞台だ。この「ラ・トリプル・フロンテラ」は管理するのが難しく、組織犯罪にとっては天国だ。

元来、本作は映画『ハート・ロッカー』の脚本を手掛けたボールと監督のビグローのコンビが手掛ける予定で、トム・ハンクス、ウィル・スミス、レオナルド・ディカプリオまで様々な俳優が出演に興味を示していた。しかし、ボールとビグローが映画『ゼロ・ダーク・サーティ』の製作に進むことを決めたため、『Triple Frontier(原題)』は一時保留となり、最終的にビグローが他作品に集中するために監督を降りることが決まった。

オスカー賞にノミネートされたA24の『ムーンライト』で高く評価されて以降、アリの最初の主演作となる。本作でドラッグ・ディーラーのジュアンを演じ、第89回アカデミー助演男優賞にノミネートされたほか、多くの賞を獲得した。

アリはWME、アノニマス・コンテント、スローン、オファー、ウェーバーアンドデーンと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『ソウ』シリーズの8作目、新タイトルが決定リンク
  • 2テレビシリーズ『ダウントン・アビー』の映画版、2018年に製作へリンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4Amazonジャパン、園子温監督のドラマ『東京ヴァンパイアホテル』を配...リンク
  • 5『スター・ウォーズ』新キャストらが来日 J・J・エイブラムス監督が黒澤...リンク