2017/2/14 15:00

アデル、ビヨンセ、2017年グラミー賞で最もSNSを賑わせたセレブたち

驚くにはあたらない。2月12日(現地時間)に開催された、2017年第59回グラミー賞のトップを争ったパワフルな女性ヴォーカリストのアデルとビヨンセは、授賞式で最も注目を集めた。

我々の知る限りでは、FacebookとTwitterは、米テレビ局CBSで中継された第59回グラミー賞に関連する全体的なアクティビティを公開していないが、歴史的に見ると、音楽の授賞式はスーパーボウルやアカデミー賞などに比べ、視聴者がやや少ない傾向にある。

Facebook上で最もコメントを集めたのは、アデルが楽曲『ハロー』で年間最優秀楽曲賞を受賞した瞬間と、アルバム『25』で年間最優秀アルバムを受賞した瞬間だ。この後、レディー・ガガとメタリカによる楽曲『モス・イントゥ・フレーム』のパフォーマンス、ビヨンセの楽曲『ラヴ・ドラウト』と『サンドキャッスルズ』のパフォーマンス・メドレーが続いた。

Twitterによると、同社のプラットフォームで最もコメントを集めた瞬間は、妊娠してふっくらとした腹部を際立つように取り上げたビヨンセのパフォーマンスの終盤で、その後にアデルがアルバム『25』で年間最優秀アルバムを受賞した時、さらにアデルが、ジョージ・マイケルの楽曲『ファスト・ラヴ』を歌った終盤が続いたという。

最もツイートされた有名人の名前はビヨンセとアデルで、その後にリアーナ、グラミー賞受賞者のチャンス・ザ・ラッパー、レディー・ガガと続いた。さらにTwitterは、ビヨンセとジェイ・Zの娘ブルー・アイヴィーが、番組中で再現されたジェームズ・コーデンの『カープール・カラオケ』を抑えて、最もコメントを集めた人物の12位にランク入りしたことに注目した。

一方、レディー・ガガは、Facebook傘下の画像共有サービスInstagramで、グラミー関連の写真で最も多く「いいね!」を集めた。同サービスによると、それはクロップ丈のトップスを身に着けたガガの写真で、テレビ中継終了後に投稿されたものだという。ビヨンセもアデルもグラミー賞当日にはInstagramに写真を投稿していない(とはいえ、ビヨンセは2月1日(現地時間)に双子の妊娠を投稿しており、これまでにもっとも「いいね!」を集めていた写真の記録を直ちに破ったのだが)。

その他のInstagramで「いいね!」を多く集めたグラミー関連の投稿は、ジェニファー・ロペス、チャンス・ザ・ラッパー、ザ・ウィークエンド、クリスシー・テイゲンによるものだ。Instagram全体では、約2200万人のユーザーが、2017年グラミー賞に関連する投稿に対して8000万を超えるインタラクションを行った。この数値は、前年比でユーザー数1500万人、インタラクション回数5300万の増加である。

2017 Grammy's

A photo posted by xoxo, Joanne (@ladygaga) on


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『ソウ』シリーズの8作目、新タイトルが決定リンク
  • 2テレビシリーズ『ダウントン・アビー』の映画版、2018年に製作へリンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4Amazonジャパン、園子温監督のドラマ『東京ヴァンパイアホテル』を配...リンク
  • 5『スター・ウォーズ』新キャストらが来日 J・J・エイブラムス監督が黒澤...リンク