2017/2/14 11:44

ビヨンセ、グラミー賞で素晴らしいパフォーマンスを披露

2017年グラミー賞で最も待望されていたビヨンセのパフォーマンスは、やはり期待を裏切らなかった。

母ティナ・ノウルズが、グラミー賞にノミネートされた双子妊娠中の娘を誇らしげに紹介した。

「紳士淑女の皆さま、自慢の娘、ビヨンセです」(ノウルズ)。

巨大スクリーンに映し出されたホログラフィック映像と共に、ビヨンセがパフォーマンスを始めた。映像はステージ上を歩くビヨンセの姿に入れ替わった。視覚的な魅力あふれるパフォーマンスで、ビヨンセは曲の合間に詩的な一節を挟みながら、アルバム『レモネード』から『ラヴ・ドラウト』と『サンドキャッスルズ』の2曲を披露した。

「生まれたときのことを覚えていますか?」(ビヨンセ)。

パフォーマンスの途中、ビヨンセの母と娘のブルー・アイヴィー・カーターを含む3世代の母娘の映像が映し出された。

金色のガウンとヘッドドレスを身にまとったビヨンセは、バックダンサーに囲まれた長テーブルの上でパフォーマンスを披露。重力に逆らう仕掛けを施した椅子に座り、そのままもたれかかった。現場関係者によると、このパフォーマンスの準備にはかなりの時間がかかったという。パフォーマンスは母性への崇拝であり、出産を暗示する多くのイメージがあった。

今回のグラミー賞で、ビヨンセはヴィジュアル・アルバム『レモネード』で9部門にノミネートされた。この作品は彼女にブレイクするチャンスを与え、グラミー賞に関する2つの記録を与えた。1回の授賞式で最大数のトロフィーを獲得したという記録と、人生で最多のグラミー賞に輝いた女性アーティストという記録だ。
しかし、パフォーマンスのために舞台に上がった時点で、ビヨンセはノミネートされていた前半5部門のうち、4部門の受賞をすでに逃していた。

ビヨンセのグラミー賞でのパフォーマンスはこちら:


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ゼメキス監督、スティーヴ・カレル主演の新作映画が2018年1...リンク
  • 2ゴジラとキングコングが共演する新作『Godzilla vs. Kong...リンク
  • 3レオナルド・ディカプリオ、フォルクスワーゲン社の排ガス規制不正問題を扱...リンク
  • 4アーノルド・シュワルツェネッガー、映画『Expendables 4(原...リンク
  • 5ウェス・アンダーソン監督の映画『Isle of Dogs(原題)』、ポ...リンク