2017/2/10 15:00

【動画】映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』、最新トレーラーがスーパーボウルで公開


映画『ワイルド・スピード』シリーズの8作目となる映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の最新トレーラーが、2月5日(現地時間)のスーパーボウルで公開された。

同作は、米ユニバーサル・ピクチャーズによる同シリーズ最新作で、ヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレットとミシェル・ロドリゲス演じるレティがハネムーンに出かけた間、前作までの仲間達は解放され普通の生活を送っていたが、それは見せかけのものだと気づく。一方で、同シリーズデビューとなるシャーリーズ・セロン演じる悪役が、ドミニクを逃れられそうにもない犯罪の世界へ引き込み、家族は新たな苦難に直面していく。

また、トレーラーからも明確に分かるように、ルールが今までとは全く異なる。トレーラには、ホブス役のドウェイン・ジョンソンとデッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムが渋々と手を組んでいるシーンさえも含まれている。

セロンは、ヘレン・ミレン、クリストファー・ヒヴュと共に同シリーズ新規参入者となった。タイリース・ギブソンとリュダクリスも同作に再び戻ってくる。同シリーズは、米ユニバーサル・ピクチャーズにとって頼もしい存在であることが証明されている。前作の映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』は、全世界で15億ドルの総収益を上げた。この作品はまた、故ポール・ウォーカーが主演した最後の作品となった。

F・ゲイリー・グレイ監督もまた、『ワイルド・スピード』シリーズの一員となった。グレイ監督は、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』、アクション映画『交渉人』、セロンが主役した映画『ミニミニ大作戦』の監督を務めた。

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』は、2017年4月14日に米劇場公開となる。トレーラーはこちら。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク