2017/2/8 16:16

ジャック・スパロウ、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の新トレーラーで帰還

ジャック・スパロウが帰ってくる。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの5作目となる映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の新トレーラーが、第51回スーパーボウルで公開された。ジョニー・キャッシュが歌う『Ain’t No Grave』のサウンドトラックと共に、冒険ムードを作った。

映像は燃え上がる船と超自然的な敵で満ち溢れ、ジョニー・デップ演じるスパロウは、最後に泥まみれの姿が少し映るだけだ。

5月26日(現地時間)に米劇場公開される同作では、常にトラブルの一歩先を行くように見える愛想の良いおしゃべりな海賊、キャプテン・ジャック・スパロウとしてデップが帰還する。スパロウは今回、ハビエル・バルデム演じる新たな敵、キャプテン・サラザールと対峙する。サラザールは、その様子から判断するに、少し顔の保湿が足りないように見える海賊の幽霊だ。

キャプテン・バルボッサを演じるジェフリー・ラッシュ、ウィル・ターナー役のオーランド・ブルーム、ギブス役のケヴィン・マクナリーなど、お馴染みのキャストも登場する。

ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ、そして最大のサプライズとなったポール・マッカートニーの出演があるが、役柄の詳細は不明だ。マッカートニーの出演が発表された時、米ウォルト・ディズニーの広報担当は、元ビートルズの彼は強烈なワンシーンで重要な役割を果たす、と明かした。

同作の制作は、すべてが順調だったわけではない。2015年3月にはオーストラリアでの撮影中にデップが手をけがしてしまい、一時的に撮影が中断していた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク