2017/2/4 09:40

【動画】スカーレット・ヨハンソン、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のティーザーでマスクを取る

ghost

スカーレット・ヨハンソン主演の映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のアクションが詰め込まれた新しいティーザーが、2月2日(現地時間)に公開された。

本作でヨハンソンは、サイボーグと人間のハイブリッドで、エリートで構成される秘密作戦部隊、公安9課の少佐を演じる。原作は士郎正宗による日本のコミックである。

ティーザーには、ヨハンソンが頭を殴ったり、壁をぶち破る姿や、「奴らはお前の命を救ったのではない。盗んだのだ」というナレーションが含まれている。映像では、少佐の顔が開き、内部のギアやワイヤーが露わになる。

ヨハンソンのキャスティングは、このヒット作のファンの多くにとっては驚きだったようで、ホワイト・ウォッシングとの批判が出た。キャスティング発表後、これに反対するいくつかの意見がネット上に流れた。

本作は映画『スノーホワイト』のルパート・サンダーズによって監督されている。キャストには、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュらが含まれる。

本作を配給する米パラマウント・ピクチャーズは、日曜日に行われるスーパーボウルで、映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』のスポット映像を放送する予定だ。米ユニバーサル・ピクチャーズと米ウォルト・ディズニーも、試合中にトレーラーを公開する。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は3月31日(現地時間)に米劇場公開される。

ティーザーは下記で視聴可能。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1第88回アカデミー賞、最優秀作品賞の栄冠はどの作品に?リンク
  • 2エマ・ワトソン、スリラー映画『The Circle(原題)』でトム・ハ...リンク
  • 3余命わずかだった『スター・ウォーズ』ファン、未完成版の最新作を観賞して...リンク
  • 4第89回アカデミー賞ノミネート予想:短編アニメ映画賞リンク
  • 5ダグ・リーマン監督、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』次回作は続...リンク