2017/1/28 08:00

映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定

sing-youtube-contest

米ユニバーサル・ピクチャーズとイルミネーション・エンターテインメントが、映画『SING/シング』の続編を2020年12月25日に公開することを発表した。

ユニバーサルは、映画『ペット』の続編の公開日を2018年7月3日から2019年7月3日に延期することも発表した。また、映画『ミニオンズ』の続編の公開日は、2020年7月10日から2020年7月3日に1週間前倒しとなった。

『SING/シング』は、イルミネーションにとって米国内の2億5000万ドルとあわせ、全世界で4億2900万ドルの興行総収入を稼ぐ大ヒット作となった。同作は、マシュー・マコノヒーやリース・ウィザースプーンが声優で出演し、動物たちがテレビ番組『アメリカン・アイドル』のような歌唱コンテストで競い合うストーリーだ。

『SING/シング』は、2017年第74回ゴールデングローブ賞でアニメ映画賞にノミネートされた(受賞は映画『ズートピア』)。

映画『ペット』もまた、全世界で8億7500万ドルの興行総収入を記録し、2016年のユニバーサルとイルミネーションによる大ヒット作となった。

『ミニオンズ』は2015年6月に公開され、11億6千万ドルという巨額の収益を上げた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク