2017/1/21 14:30

ドウェイン・ジョンソン演じるDCコミックス悪役ブラック・アダム主演のスピンオフ映画化が決定

dwayne-johnson

映画『Shazam(原題)』で、ドウェイン・ジョンソンが悪役ブラック・アダムを演じることが発表された後、ニューライン・シネマとDCエンターテイメントは、続編に向けて同作を拡大することを決めた。

ニューラインは2014年秋に、同プロジェクトにジョンソンが出演し、ダーレン・レムケが脚本を手掛けることを初めて発表した。ニューラインはジョンソンとの協議の後、ジョンソン演じるキャラクターにフォーカスしたスピンオフ映画をDCユニバースの世界に加えることを決定した。

DCコミックスのキャラクター、キャプテン・マーベルとして知られるシャザム(Shazam)は、ビリー・バットソンという少年の分身だ。バットソンは、「シャザム」という呪文を唱えるとスーパーヒーローに変身する。ブラック・アダムはシャザムの宿敵で、ジョンソンは長い間この役に目を付けていた。

ニューラインは、スピンオフ映画の脚本家と監督をまだ決定していない。

ジョンソンは現在、米テレビ局HBOのテレビシリーズ『Ballers/ボウラーズ』シーズン3の撮影中で、ニューラインによるアクション映画『Rampage(原題)』の撮影が控えている。ザック・エフロンの相棒を演じるアクションコメディ映画『Baywatch(原題)』は、メモリアル・デイ(2017年5月26日)の週末に米劇場公開する。また、ケヴィン・ハートと共演した映画『ジュマンジ』の続編は、2017年12月に米劇場公開となる。

ジョンソンは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と代理人契約を結んでいる。このニュースはハリウッド・リポーターが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク