2017/1/23 09:17

FOXの新VR部門Foxネクスト、クリス・ミルク率いるウィズインと提携し『猿の惑星』のVR作品を開発へ

planet-apes 米20世紀FOXは、没入型エンターテインメントの新部門Foxネクスト(FoxNext)を発表した後、同部門がクリス・ミルク率いるVRのスタートアップ会社ウィズイン(Within)と提携し、VR作品をプロデュースすることを明らかにした。

一連のタイトルには映画『猿の惑星』だけではなく、ミルクやスパイク・ジョーンズ、ミーガン・エリソン、アンナプルナ・ピクチャーズらのプロデュースによるオリジナルのVR作品も含まれる。今回の提携の成果はウィズインのアプリ経由で入手でき、年内の公開を予定している。

Foxネクストは、1月18日(現地時間)、20世紀FOXとFOXネットワークス・グループの合同部門として発表された。FOXのベテラン幹部サリル・メータが率いる同部門は、VRやAR(拡張現実)、ビデオ・ゲームその他のインタラクティブな作品の開発に取り組む。同部門は、2016年に映画『オデッセイ』をVR化した作品『The Martian VR Experience』を発表した、FOXイノベーション・ラボをルーツとしている。

偶然にもFOXは、イマジナティ・スタジオと共にプロデュースしたVR作品『猿の惑星』の告知を、1月5日から8日にかけて開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で行っていた。しかしウィズインとの提携が別の成果を生み、Foxネクストは、ウィズインの創業者でありCEOのクリス・ミルクが同社の作品を監督しプロデュースすると発表し、「ソーシャル体験の共有を実現するために、人工知能を活用する」と述べた。

ウィズインは、2014年にVRSEという名でミルクと以前Googleでグーグル・データ・アーツを率いていたアーロン・コブリンによって設立された。2016年6月、同社はFOXやレジェンダリー・ピクチャーズなどから1260万ドルの資金調達に成功した。最近ウィズインは、『The Possible』というタイトルの5部作のドキュメンタリーシリーズを発表した。同シリーズにはヒアー・ビー・ドラゴンズ、GE、スローン・ファウンデーション、マッシャブルが協力している。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク