2017/1/13 09:15

是枝裕和監督、新作映画で福山雅治と再び手を組む

San Sebastian Film Festival, San Sebastian, Spain - 21 Sep 2015 映画『空気人形』や映画『海街diary』など、国際映画祭でも評価の高い是枝裕和監督が、2013年公開の映画『そして父になる』で主演を務めた福山雅治と再び手を組むことを明かした。新作は、是枝監督のオリジナル脚本で製作される。

福山が演じるのは、勝つためには手段を選ばない敏腕弁護士だ。作品で福山は、役所広司(映画『最後の忠臣蔵』、映画『SAYURI』)の演じる前科持ちの殺人犯で、別の殺人容疑で起訴された男を渋々弁護する羽目になる。

映画は1月中旬から3月にかけて撮影し、9月に劇場公開を予定している。日本国内での配給は、ギャガと東宝が手掛ける予定だ。海外の配給先は、現時点では決まっていない。

是枝監督は映画の主人公について、声明の中で以下のように述べている(現地英文記事より和訳)。

「主人公は、真実を知る必要はないという専門的な信条を持つ人間です。彼はそのことに確たるプライドを持っています。しかし、単純な殺人事件の中で、ひと目で犯人と思える人物と対峙していく間に、彼の価値観は揺さぶられ、何が真実なのかを知りたいと考えるようになっていきます」(是枝監督)。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ミュージシャンや俳優がリンキン・パークのチェスター・ベニントンを偲ぶ「...リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3映画『ブレードランナー 2049』の新トレーラー公開、ハリソン・フォー...リンク
  • 4日本の人気アニメ『カウボーイビバップ』、米国で実写版TVシリーズを開発...リンク
  • 5『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(5/5点)【ひろゆき】リンク