2016/12/24 11:47

ジェームズ・フランコ、リドリー・スコット監督の映画『Alien: Covenant(原題)』に出演

james-franco-alien-covenant

ジェームズ・フランコが、リドリー・スコット監督の映画『プロメテウス』の続編となる映画『Alien: Covenant(原題)』に出演することが決定した。

マイケル・ファスベンダー、ノオミ・ラパス、ガイ・ピアースらが『プロメテウス』で演じた役で出演するほか、キャサリン・ウォーターストン、デミアン・ビチル、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライドらが新たに出演する。米20世紀FOXからのコメントはない。

スコットが監督を務め、ジャック・パグレン、マイケル・グリーン、ジョン・ローガンが脚本を担当する。同作は、銀河系のはるか彼方にある惑星に向かう宇宙船コヴナントの物語だ。乗組員は未知の楽園を発見したと信じていたが、暗黒で恐ろしい世界ということが判明する。この惑星にいる唯一の住人は、絶望的な運命をたどったプロメテウス号から生還した人造人間のデヴィッド(ファスベンダー)だ。

同作は、スコット監督の映画『エイリアン』シリーズの第6作となり、2017年5月19日に米劇場公開となる。20世紀FOXは当初、公開日を8月としていたが、数か月前に3か月前倒しすることを決めた。

『プロメテウス』の舞台は21世紀の終わりで、1979年に公開されたスコット監督の映画『エイリアン』の30年前という設定だ。同作は、全世界で4億330万ドルの興行収入を記録した。宇宙船プロメテウスに乗り込んだ科学者たちが、人類を一掃できるほどの武器を持つ高度な文明の形跡を発見する。

シガーニー・ウィーヴァーが出演したオリジナル版の映画『エイリアン』は、1986年、1992年、1997年に続編が製作された。

フランコは、最近では映画『Why Him?(原題)』でブライアン・クランストンの相手役で主演した。同作は12月23日に米劇場公開される。フランコはUTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1水原希子、中国に向けた謝罪動画を公開リンク
  • 2【インタビュー】トム・ホランド、映画『スパイダーマン:ホームカミング』...リンク
  • 3ジェイソン・ステイサム出演の巨大サメ映画『Meg(原題)』、2018年...リンク
  • 4ピクサーが映画『トイ・ストーリー』20周年を祝福、製作過程の苦難を明か...リンク
  • 5【独占記事】セレーナ・ゴメス、小説『13の理由』のドラマ化でエグゼクテ...リンク