2016/12/10 14:26

【動画】映画『猿の惑星』シリーズの8作目、ファースト・トレーラーが公開

planet-apes

米20世紀FOX製作によるシリーズ8作目の映画『War for the Planet of the Apes(原題)』のファースト・トレーラーで、類人猿と人間が対峙している。

アンディ・サーキスは類人猿のリーダーであるシーザーとして、「私がこの戦争を始めたのではない」と脅迫的なボイスオーバーで語る。「私は平和を提案した。慈悲も見せたが、お前たちが我々を殺そうとしているのだ」(サーキス)。

人間と類人猿の軍団は、冬景色の真っただ中で戦いを始め、ウディ・ハレルソン演じる新たな将軍のキャラクターが「我々がお前たちを作った。それ以来、自然は我々に罰を与えている」と強く主張する。

本作には、スティーヴ・ザーン、カリン・コノヴァル、アミア・ミラー、そしてテリー・ノタリーも出演している。2014年に公開した映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を監督したマット・リーヴスが、マーク・ボンバックによる脚本を基に本作も監督した。チヤーニン・エンターテイメント、ディラン・クラーク、リック・ジャッファ、そしてアマンダ・シルヴァーらがプロデュースする。

2011年に公開した映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のリブート作品である『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は、世界中で7億ドル以上を稼いだ。

『War for Planet of the Apes(原題)』は2017年7月14日に全米公開予定。

下のトレーラーをチェックしよう。


  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】エマ・ワトソン、実写版映画『美女と野獣』で名曲『朝の風景』を歌...リンク
  • 2第74回ゴールデングローブ賞:受賞結果一覧リンク
  • 3ジム・パーソンズ、バズフィードの映画『Brother Orange(原...リンク
  • 4デヴィッド・ボウイ、もうツアーはしないと明言リンク
  • 5【独占記事】ライアン・ゴズリング、映画『ラ・ラ・ランド』のメイキング映...リンク