2016/12/7 15:00

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に出演のドニー・イェン、自身のマーシャル・アーツのルーツについて語る

Rogue One: A Star Wars Story..Chirrut Imwe (Donnie Yen)..Ph: Jonathan Olley..©Lucasfilm LFL 2016.

映画の中で、俳優ドニー・イェンの手と足は、人の目が追うにはあまりにも早く動く。イェンの手足は、人間の敵は言うまでもなく、壁を突き破ることができる。

この記事は、2016年11月29日号の本紙ヴァラエティに最初に掲載された。

イェンは11月30日に、TCLチャイニーズ・シアターのセメントに手と足の型を刻む際、手足の動きを遅め、とても紳士的に当てがった。

イェンは、「アジア人俳優が、芸術的貢献によって認知されてきたのは最近のことです」と、語る。ジャッキー・チェンは、1997年に同様の形で栄誉を授けられた。「だから、これは素晴らしい栄誉です。アジア人に授けられるのは久々のことですから」と、続ける。

現在53歳のイェンにとって、この栄誉は非常に素晴らしいことである。20代前半から、パフォーマーやアクション振付師、監督として活躍してきたにもかかわらず、彼の演技や格闘技に関心が寄せられてきたのは最近になってからだ。

イェンは、「30年前に私がキャリアをスタートさせた頃、武術映画は武術についての映画でしかありませんでした」  「今となっては、武術映画は商業的な要素としての武術を持つ良い映画だと考えられています。他の映画と変わりないですから、まず最初に良い映画にならなければならないのです」と、語る。

批評家でニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルの創設者グレイディ・ヘンドリックスは、米国外でイェンは、「世界で最もビッグなアクション俳優だ」と、語る。イェンの知名度は、人気が高い香港映画『イップ・マン』シリーズのおかげでアメリカ本土でも上昇しており、いくつかの巨大なハリウッド映画シリーズも劇場公開されようとしている。

映画『イップ・マン 序章』は、詠春拳の師範であるブルース・リーの助言者の物語を描き、米国では劇場公開されなかったものの、Netflixとその他のストリーミング・フォーマットによって幅広いファンを獲得し、2作目と3作目の米劇場公開への道を整えた。

劇場公開を控えるのは、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と映画『xXx<トリプルX>:再起動』だ。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』では、イェンは、デス・スターの設計図を盗む英雄的チームの一員を演じ、『xXx<トリプルX>:再起動』では、ヴィン・ディーゼル演じる命知らずな主人公と対峙する悪の親玉を演じる。

香港で暮らすイェンは、ロンドンでの撮影によって子供と5か月も離れ離れになることから、最初は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の役にしり込みしたと明かす。イェンは、「私の子供はこう言いました。『どうかしちゃったの?スター・ウォーズだよ?』とね」 と語り、「子供達には『行かなきゃだめだよ』と言われました」と、続けた。

イェンは、彼の存在があらゆる映画の国際的な興行収入に対して、特に映画の観客が急成長している中国において意味するものを承知している。イェンは、単なる武術の見掛け倒しになることを望まず、実際にそうならなかった。イェンは、「中国市場に進出するためだけに、出演を依頼してくる映画もあります」と、語る。

「私が(ギャレス・エドワーズに)、なぜこの役に私を望んだのかと質問した時、ギャレスは私の出演した映画を調べて、私は彼が望んでいた人格を持ち、私にぴったりの役があると明かしました」と話すイェン。「彼が着目したのは私の武術の能力ではなく、俳優としての能力だったのです。でも、武術ファンを満足させるシーンもいくつかありますよ」(イェン)

イェンは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で演じたチアルート・イムウェについて、固く口を結んだ。イェンは、「私はフォースと結びつきがあるキャラクターの1人を演じました」と、話す。「彼はジェダイではないです。彼のセリフは、『私がフォースだ』です。『スター・ウォーズ』でメインキャラクターを演じる初めての中国人俳優になることは、明らかにすごいことです。多くを意味します」(イェン)

幼少期を香港で過ごした後、青春時代をボストンで過ごしたイェンは、プロのミュージシャンになることを考えたが武術を選択し、もう1人のジャッキー・チェンになれる才能を見出した。伝説的な映画と、アクションの振付師ユエン・ウーピンを助言者とした。結果的にウーピンは、映画『ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱』の記憶に残る戦いで、イェンとジェット・リーを組ませた。

イェンは、「6年か7年の間、私は自分を刺激し、挑戦させる物事を選ぶことができて幸運でした」と、明かす。「私はコメディ、ドラマ、ロマンスで、あらゆる役を務めてきました。武術映画は、演技については常に洗練されていないと思われてきたために様々な障害がありましたが、私はそうではないと思っています。私は俳優として、武術家として知られています。今は一俳優として、アーティストとして成長したいです」(イェン)


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1Netflix版映画『デスノート』がプレミア公開、主演のナット・ウルフ...リンク
  • 2ジョン・ボイエガ、ウィリアム王子とヘンリー王子の映画『スター・ウォーズ...リンク
  • 3人気ロックバンドのクイーンを描く伝記映画、バンドメンバーのキャスティン...リンク
  • 4映画『シャフト 』のリブート版で、サミュエル・L・ジャクソンとジェシー...リンク
  • 5第73回ゴールデングローブ賞:15の冷遇と驚きリンク