2016/12/5 16:16

ヒュー・ジャックマン、ベストセラーYA小説原作の映画『Diary of a Part-Time Indian(原題)』に参加

hugh-jackman 米FOX2000ピクチャーズは、シャーマン・アレクシーのYA小説『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian(原題)』をベースとした映画の開発を、同作をプロデュースするヒュー・ジャックマンと共に進めている。

FOX2000は同プロジェクトを、FOXに拠点を置くテンプル・ヒル・エンターテイメント、ザ・ドナーズ・カンパニーと共に進めている。プロデューサーにはローレン・シュラー・ドナー、ジャック・レスリーと共に、ジャックマン、テンプル・ヒルのウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナーが名を連ねる。現時点では、ジャックマンは同作のキャストには含まれていない。

2007年に出版されたアレクシーの小説『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian(原題)』は、スポケーン・インディアン居留地に住む14歳のネイティブ・アメリカンの漫画家、アーノルド・スピリット・Jr(別名ジュニア)による1人称の物語だ。彼はいつもいじめられていて、高校の教師からインディアン居留地を出て、白人だけの公立高校に行くように進められている。

『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian(原題)』は、ジュニアが唯一のネイティブ・アメリカンとして新しい高校に移ってからの最初の1年を描いたものだ。同作にはエレン・フォーニーによる65点のイラストが登場する。

スポケーン・インディアン居留地で育ったアレクシーは、1993年に短編集『ローン・レンジャーとトント、天国で殴り合う』を発表した。その後アレクシーは同作をもとに、1998年公開の映画『スモーク・シグナルズ』の脚本を手掛けた。

エリザベス・ゲイブラーとエリン・シミノフはFOX2000から『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian(原題)』を監督する。

現在ジャックマンは、FOXによる伝説の興行師P・T・バーナムの伝記映画『The Greatest Showman(原題)』に出演、プロデュースを手掛けている。彼はWME、ルー・コールソン・アソシエイツ、スローン、オファー、ウェーバーアンドデーン法律事務所と代理人契約を交わしている。アレクシーはアノニマス・コンテントとマネジメント契約を交わしている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『アナと雪の女王』、描かれなかったオリジナルの結末が明らかにリンク
  • 2【独占記事】セレーナ・ゴメス、小説『13の理由』のドラマ化でエグゼクテ...リンク
  • 3アニメ界の巨匠、宮﨑駿監督が製作に復帰かリンク
  • 4今知っておくべき国際的スター、英国人女優ヴァネッサ・カービーリンク
  • 5【独占記事】映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの俳優ジャック...リンク