2016/11/14 16:00

リュック・ベッソン監督のスペースオペラ、映画『Valerian(原題)』のトレーラーが初公開

valerian

11月10日(現地時間)、リュック・ベッソン監督が手掛けたSF映画『Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)』の最初のトレーラーが初公開された。

同作はフランスのコミック『ヴァレリアン』シリーズをもとにし、デイン・デハーンがヴァレリアン役を演じ、カーラ・デルヴィーニュがロールリンヌ役を演じる。ハービー・ハンコック、ジョン・グッドマン、リアーナ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホークも出演する。ベッソンは監督と脚本を手掛けた。

90秒のティザーでは、デハーンとデルヴィーニュがビートルズの楽曲『ビコーズ』に合わせチームを組んでいる。ベッソンによると、ビートルズがこの楽曲の使用を許可したのは初めてだという。

ベッソンは、ポール・マッカートニとリンゴ・スターが依頼を断る可能性があったことに「とても嬉しいです」と説明をした。

同作は「ヴァレリアン」が存在し、人類がタイムトラベルの技術を見出した28世紀が舞台となる。

ベッソンはトレーラーをIMDbのFacebookのページでライブ動画配信し、配信後にQ&Aを設けた。

ベッソンは、「#Valerian のティザーを発表した後でTwitterにやって来た。質問を待ってます#AskLucBesson #Valerian」と、ツイートした。

ベッソンはQ&Aで、映画『アバター』を見た後で『Valerian(原題)』の脚本の初稿を書き上げたことを明かした。

そして、「(ジェームズ・キャメロンが)ハードルを上げたから、私は再考しなければならなかった」「大きさが足りなかったし、気に入るものではなかった」と述べた。

『Valerian(原題)』は2017年7月に劇場公開予定だ。

トレーラー動画はこちらから

ライブストリーム動画はこちらから
https://www.facebook.com/imdb/videos/10154852238803949/


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】パティ・ジェンキンス監督、映画『ワンダーウーマン』の続編に...リンク
  • 2映画『スター・ウォーズ』のハン・ソロを描く映画、フィル・ロードとクリス...リンク
  • 3映画『オクジャ』の監督は劇場公開を切望するも、Netflixの決定は尊...リンク
  • 4米・日・英の3大クリエイターによるオリジナルアニメ『THE REFLE...リンク
  • 5TVシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』の製作チーム、新シリーズ...リンク