2016/11/1 16:22

トム・ハーディ、映画『Fonzo(原題)』にアル・カポネ役で出演

Mandatory Credit: Photo by James Shaw/REX/Shutterstock (5541109x) Tom Hardy 'The Revenant' film premiere, London, Britain - 14 Jan 2016

アメリカン・フィルム・マーケット(AFM)を目前に控え、映画『クロニクル』を手掛けたジョシュ・トランク監督が自身の脚本をベースに手掛ける映画『Fonzo』の中で、トム・ハーディがギャングスターのアル・カポネを演じることが決まった。

本作品は、ラッセル・アッカーマン、アディクティブ・ピクチャーズのジョン・ショーエンフェルダー、映画『パルプ・フィクション』のプロデューサーであるローレンス・ベンダーらによってプロデュースされる。

『Fonzo(原題)』はプリプロダクションに入っている。ブルームがAFMで11月2日から海外市場への営業を開始し、CAAとWMEが米国内の権利を扱う。

カポネは酒類密造者で、禁酒法時代にシカゴを支配した残虐なギャングスターだった。連邦政府は1931年に脱税の罪でカポネの起訴に成功し、カポネは有罪判決を受け、11年の禁固刑を言い渡された。8年後にカポネは釈放されたが、認知症によって脳が衰え、暴力的で残忍な過去の恐ろしい記憶が彼の覚醒を妨げた状態で、1947年、48歳で死んだ。

ブルームのアレックス・ウォルトンは、「『Fonzo(原題)』は、トム・ハーディとジョシュ・トランクの素晴らしい才能によって、悪名高いアメリカのギャングスターであるアル・カポネの神話と伝説を一つにする作品です」と述べ、「AFMのバイヤーたちに本作を届けることに、気分が高揚しています」と語った。

トランク監督にとって、本作品は『クロニクル』以来のプロジェクトとなる。ハーディはクリストファー・ノーラン監督の映画『Dunkirk(原題)』、リドリー・スコットのプロデュースによる全8話のテレビシリーズ『Taboo(原題)』に出演する。

トランクはWMEとマネージメント360、弁護士のミッチ・スメルキンソンを代理人とし、ハーディはCAAおよびユナイテッド・エージェントのリンディ・キングと代理人としている。このニュースは、Deadline Hollywoodによって最初に報じられた。


  • 翻訳者:Yutaka Kishi
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】トム・クルーズ主演のリブート版映画『ハムナプトラ』、初フル・ト...リンク
  • 2ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandp...リンク
  • 3映画『ウォークラフト』のダンカン・ジョーンズ監督、続編への関心と「誇り...リンク
  • 4『ローグ・ワン』の監督・キャストが来日 「オープニングはクロサワ映画を...リンク
  • 5『ジャングル・ブック』 レビュー(4/5点)【ひろゆき】リンク