2016/10/31 16:30

【独占記事】TIFFCOM:米アニメーション製作会社Henshin、テレビゲーム『風のクロノア』を映画化

keraka-henshin-res

米国に拠点を置くアニメーション制作会社Henshinは、バンダイナムコエンターテインメントのゲーム『風のクロノア』シリーズを基にした映画を開発中だ。

Henshinの創設者ロブ・ペレダがプロデューサーを務め、有賀ヒトシが脚本、共同プロデュース、キャラクターデザインを担当する。この発表は、東京国際映画祭のライツマーケットであるTIFFCOMで行われた。

1997年に初めて登場した『風のクロノア』シリーズは、猫のような姿をしたクロノアとその仲間が、夢の世界を冒険する物語である。

有賀はこれまでにゲーム『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターデザインを手掛けている。一方で、ペレダはバンダイナムコにプロデューサーとして勤務し、『超絶倫人ベラボーマン』、『マッピー』、『ワンダーモモ』などに携わった。

製作や劇場公開のスケジュールはまだ発表されていない。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ジェームズ・ガン監督、『Guardians of the Galaxy...リンク
  • 2Amazonジャパン、園子温監督のドラマ『東京ヴァンパイアホテル』を配...リンク
  • 3第39回日本アカデミー賞:最優秀賞受賞結果一覧リンク
  • 4映画『キングスマン』の続編にハル・ベリーがCIA長官役で交渉中リンク
  • 5パリ連続襲撃事件の被害を受けたイーグルス・オブ・デス・メタル、「愛によ...リンク