2016/10/31 11:00

映画『Mr.インクレディブル』続編の公開が1年早まり、映画『トイ・ストーリー』4作目は2019年に公開延期へ

Disney's Pixar is planning The Incredibles 2

ピクサーが10月26日(現地時間)に、映画『Mr.インクレディブル』の続編となる映画『The Incredibles 2(原題)』を当初の予定よりも1年早く劇場公開し、映画『トイ・ストーリー』の4作目となる映画『Toy Story 4(原題)』の劇場公開を2018年から2019年に延期すると述べた。

両作品は、劇場公開日を入れ替えることになる。『The Incredibles 2(原題)』は、『Toy Story 4(原題)』の劇場公開日であった2018年6月15日に米劇場公開となる。そして、『Toy Story 4(原題)』は、『The Incredibles 2(原題)』の劇場公開日であった2019年6月21日に劇場公開となる。

両作品ともに、同日に劇場公開する他の作品はないようだ。『The Incredibles 2(原題)』は、映画『トランスフォーマー』シリーズ第6弾と、映画『ジュラシック・ワールド』続編の劇場公開日の間に劇場公開となる。また、『Toy Story 4(原題)』は、タイトル未定のDCコミックス映画と、『トランスフォーマー』シリーズ第7弾の劇場公開日の間に封切りとなる。

ブラッド・バードが、前作に引き続き『The Incredibles 2(映画)』の監督を務める。2004年に公開された前作は、全世界で6億3300万ドルの興行収入を記録し、第77回アカデミー長編アニメ映画賞を受賞した。『Toy Story 4(原題)』は、オリジナル版映画から出演しているトム・ハンクスとティム・アレンが再び出演する。映画『トイ・ストーリー3』は、全世界で11億ドルを記録し、ピクサーによる作品の中で最高の興行収入となった。

ピクサーは当初、シリーズ映画のビジネスに難色を示していたが、続編の製作にはより意欲的な姿勢を見せている。同社は、映画『カーズ』、映画『モンスターズ・インク』、映画『ファインディング・ドリー』の続編を手掛けた。2017年には、『カーズ』のシリーズ第3弾の劇場公開が控えている。

米ウォルト・ディズニーは、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムを数10億ドルで買収し、羨ましいほどの強力な能力を持っている。米ディズニーは、映画『ジャングル・ブック』、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、映画『ファインディング・ドリー』などのヒット作品により、今年のマーケットシェアでトップに君臨している。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】トム・クルーズ主演のリブート版映画『ハムナプトラ』、初フル・ト...リンク
  • 2ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandp...リンク
  • 3映画『ウォークラフト』のダンカン・ジョーンズ監督、続編への関心と「誇り...リンク
  • 4『ローグ・ワン』の監督・キャストが来日 「オープニングはクロサワ映画を...リンク
  • 5『ジャングル・ブック』 レビュー(4/5点)【ひろゆき】リンク