2016/10/20 16:06

映画『シン・ゴジラ』、映画『君の名は。』が東宝の収益を大幅に押し上げる

your-name-5

日本の大手映画配給・興行会社の東宝は、2016年度の業績予想を修正し、最終利益が対前年比28%増収の330億円になると発表した。

当初の予想では14%減収の見込みだった。東宝の2016年度の決算は2017年2月である。

上方修正の大きな理由は2つ。8月31日の公開からわずか52日で興行収入150億円に達した新海誠監督のヒットアニメ映画『君の名は。』と、7200万ドルの興行収入を記録する見込みの映画『シン・ゴジラ』によるものである。

東宝の常務取締役の浦井敏之は「新海監督の『君の名は。』がここまで大きくなるとは予想できなかった」と述べた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『スター・ウォーズ』のハン・ソロを描く映画、フィル・ロードとクリス...リンク
  • 2【独占記事】パティ・ジェンキンス監督、映画『ワンダーウーマン』の続編に...リンク
  • 3デイモン・リンデロフ、HBOのテレビ版『ウォッチメン』を開発へリンク
  • 4実写映画『鋼の錬金術師』、監督と主演俳優がLA&パリのイベン...リンク
  • 5【動画】トム・ハンクスが英雄のパイロットを演じる映画『ハドソン川の奇跡...リンク