2016/9/14 15:00

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編、ファーストルックが公開

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の待望の続編となる映画『Fifty Shades Darker(原題)』のファーストルックで、仮面で目隠しをし合うクリスチャン・グレイとアナスタシア・スティールの姿が公開された。

9月12日(現地時間)、米ユニバーサル・ピクチャーズは、同作の初トレーラーの公開の1日前にポスターとティーザーを発表した。

ポスターでは、ジェイミー・ドーナン演じるクリスチャンが、ダコタ・ジョンソン演じるアナスタシアにマスクを付けている。またティザーは、観客をさらに魅惑的でダークな世界に誘い込む。

fifty-shades-darker

前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で別れたばかりのアナスタシアは、続編でも未だにミステリアスな若い億万長者を想っているようだ。クリスチャンが新しい契約を提案した後、2人のロマンスは再燃する。しかし、クリスチャンの謎に包まれた過去によって再び雲行が怪しくなる。

ジェームズ・フォーリー(テレビシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)が、『Fifty Shades Darker(原題)』と、さらに、同シリーズ3作目となる映画『Fifty Shades Freed(原題)』の監督を手掛ける。また、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の作家E・L・ジェイムズの夫であるナイオール・レナードが、両作品の脚本を執筆した。

『Fifty Shades Darker(原題)』には、ヒュー・ダンシー、エリック・ジョンソン、ジェニファー・イーリー、ルーク・グライムス、リタ・オラ、ヴィクター・ラサック、エロイーズ・マンフォード、マックス・マーティーニ、ベラ・ヒースコート、キム・ベイシンガー、マーシャ・ゲイ・ハーデンが出演する。同作は2017年2月10日に、3作目の『Fifty Shades Freed(原題)』は、2018年2月9日に米劇場公開となる。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、全世界で興行総収入5億7100万ドルを記録した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 2ロバート・パティンソン、映画『トワイライト』シリーズから笑顔が足りない...リンク
  • 3ビョーク、映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でセクハラを受けたと主張、...リンク
  • 4レブロン・ジェームズ、NBAドラフトで指名選手のふりをするコメディ映画...リンク
  • 5【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、ハリウッドにてプレミア...リンク