2016/9/13 08:38

ベン・アフレックの映画『Live By Night(原題)』、ファースト・トレーラーを公開


9月8日、ベン・アフレックの映画『Live By Night(原題)』のファースト・トレーラーが公開され、強烈なギャング物語の中で、アフレックが組織犯罪に深く関与していく姿が披露された。

トレーラーで、アフレックは「俺の強さは十分じゃないと思っているのか?」とゾーイ・サルダナが演じる女性に尋ねる。

彼女は「十分に残酷なのかしら?」と返し、アフレックは「力を持つ男は残酷になる必要はない」と答える。

米ワーナー・ブラザースが製作する本作は、デニス・レハーンの小説をベースにしている。騒々しい1920年代を舞台に、ボストン警察本部長の息子でありながら、アウトローになりたいという思いのために、厳格な父に背を向けるジョー・コフリン(アフレック)の姿が描かれる。権力を持つギャングのボスに出会ってから、コフリンはボストンを出奔し、蒸し暑いタンパの酒類密輸業者たちが生きる暗黒街に躍進していく。

本作はアフレックにとって、オスカーを受賞した映画『アルゴ』以来の監督復帰作となる。アフレックとサルダナに加え、シエナ・ミラー、クリル・ク-パー、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、エル・ファニングらが出演する。

脚本も担当したアフレックは、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ダヴィッソン・キロラン、ジェニファー・トッドと共にプロデューサーも兼任。アフレックがレハーン作品の世界を描くのは、2007年公開の映画『ゴーン・ベイビー・ゴーン』以来、2度目だ。

本作の公開日は、最近になって2017年10月20日から同年1月13日に変更された。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)、「Dark Univers...リンク
  • 2日本のCCCグループと中国の中信出版事業団が資本業務提携リンク
  • 3マイケル・ムーア、トランプ大統領をテーマにしたドキュメンタリー映画『F...リンク
  • 4『ルパン三世 PART4』が米TVチャンネル「adult swim」に...リンク
  • 5映画『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー 監督、映画『スカー...リンク