2016/9/7 16:04

映画『母と暮せば』が第89回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に選出

nagasaki-memories-of-my-son

ベテラン監督の山田洋次の映画『母と暮せば』が第89回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選出された。

日本映画製作者連盟が9月6日に発表した。候補となった16作品の中から日本映画製作者連盟の委員会によって選ばれた。

原爆投下後の長崎が舞台で、助産師を演じる吉永小百合の前に原爆で3年前に死んだ息子(二宮和也)が突然、幽霊のように現れるというストーリーだ。

2015年12月に日本で公開され、二宮が第39回日本アカデミー最優秀主演男優賞を獲得し、また二宮のガールフレンド役を演じた黒木華も最優秀助演女優賞を獲得した。

84歳の山田監督は2002年に時代劇映画『たそがれ清兵衛』で第76回アカデミー外国語映画賞にノミネートされたが、受賞には至らなかった。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1O.J.シンプソンが再びハリウッドで働くべきではない理由リンク
  • 22016年米大統領選、最近の民主党討論会における5つの重要な話題リンク
  • 3ジム・キャリー、元恋人の突然の自殺に驚きと悲しみを表明リンク
  • 4【独占記事】映画『キャプテン・アメリカ』のジョー・ジョンストン監督、映...リンク
  • 5アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク