2016/8/29 08:00

【独占記事】ダグ・ライマン、DCエンターテイメントと米ワーナー・ブラザースによる映画『Dark Universe(原題)』の監督へ

doug-liman-justice-league-dark

ダグ・ライマンが、米ワーナー・ブラザースとDCエンターテイメントによる『Justice League Dark』として知られる、映画『Dark Universe(原題)』の監督を手掛ける。

同作は、スコット・ルーディンがプロデュースし、マイケル・ジリオが脚本を執筆中だ。

ワーナーはコメントを控えた。

複数の情報筋によると、ライマン監督は、チャニング・テイタム主演の映画『Gambit(原題)』を降板するようで、内部情報によると、スタジオとライマン監督の間に溝があったようだ。

『Dark Universe(原題)』のあらすじの詳細はまだ謎に包まれているが、ジョン・コンスタンティン、スワンプ・シング、デッドマン、ザターナ、エトリガン・ザ・デーモンによる、ダークなジャスティス・リーグを中心にストーリーが展開されるようだ。

同作は、ライマン監督の初期のヒット映画『go』に影響を与えたようなアンサンブルが中心となる作品となる。同作は、新しいDCシネマティック・ユニバースでの主要な役割を担うことになるだろう。

ジョン・コンスタンティンの役は、2005年の映画ではキアヌ・リーヴスが演じ、米テレビ局NBCのテレビシリーズ『コンスタンティン』ではマット・ライアンが演じた。同テレビシリーズは、ファーストシーズン放送後の2015年に打ち切りとなった。また、1989年に、ウェス・クレイヴン監督が手掛けたスワンプ・シングの単独作映画『怪人スワンプシング』で、スワンプ・シング役をディック・デュロックが演じた。

当初は、ベニチオ・デル・トロが『Dark Universe(原題)』の監督に指名されていたが、他のプロジェクトと重なったため、降板することになった。ルーディンは、2015年にプロデューサーに指名されており、同作に新しい命を吹き込む。

ライマン監督は最近、アーロン・テイラー=ジョンソン主演のアマゾン・スタジオによる映画『The Wall(原題)』の撮影を終えたばかりだ。また、ライオンズゲートによる映画『Chaos Walking (原題)』、ドラッグカルテルを題材にしたトム・クルーズ主演の2017年9月米劇場公開予定の映画『American Made (原題)』も監督する。

ライマン監督は、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、弁護士のアラン・グローディンと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)、「Dark Univers...リンク
  • 2日本のCCCグループと中国の中信出版事業団が資本業務提携リンク
  • 3マイケル・ムーア、トランプ大統領をテーマにしたドキュメンタリー映画『F...リンク
  • 4『ルパン三世 PART4』が米TVチャンネル「adult swim」に...リンク
  • 5映画『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー 監督、映画『スカー...リンク