2016/8/17 16:42

日本国内の興行収入、映画『ペット』が映画『シンゴジラ』の記録を破りトップへ

the-secret-life-of-pets

東京――映画『ペット』は、映画『シン・ゴジラ』の尻尾を掴み、8月13~14日の週末、国内興行収入トップの座を奪い取った。同作は、今年から新たに日本の祝日として新設された「山の日」の8月11日に東宝東和の配給で公開され、公開初週末に37万人を動員して460万ドルの興行収入を獲得した。これは、イルミネーション・エンターテインメントが手掛け、日本国内での興行収入5200万ドルを記録した2015年公開のもう1つのヒット映画『ミニオンズ』よりも14%少ない。しかし、8月11~14日の4日間の休日の合計は970万ドルとなったことから、『ペット』の最終的な興行収入は4000万ドルを超える可能性が高まっている。

『シン・ゴジラ』は公開から17日間で累積3350万ドルの国内興行収入を獲得し、2週連続で観客動員数トップを獲得した後に、2位の座に後退した。この成績はギャレス・エドワーズ監督によるハリウッド版映画『GODZILLA ゴジラ』よりも高く、2004年に東宝が手掛け、1250万ドルの興行収入を獲得した映画『ゴジラ FINAL WARS』の2倍以上となる。

米ウォルト・ディズニー・カンパニーによる映画『ジャングル・ブック』は、初登場で5位を記録した。同作は8月11日に676スクリーンで公開し、公開日に300万ドル、公開から4日間で600万ドルの国内興行収入を記録した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『メン・イン・ブラック』のスピンオフ版、2019年5月に公開へリンク
  • 2米ディズニー・アニメーションによる映画版『ジャックと豆の木』が開発取り...リンク
  • 3M・ナイト・シャラマン監督の恐怖映画『Split(原題)』、ジェームズ...リンク
  • 4ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』、シャウト・ファクトリーが北米展開...リンク
  • 5『Rectify(原題)』主演のクレイン・クロフォード、リブート版テレ...リンク