2016/8/16 16:40

R2-D2の“心と魂”、『スター・ウォーズ』俳優のケニー・ベイカーをハリウッドは忘れない

kennybaker

映画『スター・ウォーズ』に登場する象徴的なキャラクター、R2-D2に命を吹き込んだ俳優、ケニー・ベイカーが亡くなったというニュースが流れた後、インターネットは愛情に満ちた言葉で溢れかえった。

身長3フィート8インチ(約112cm)のベイカーは、1977年の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を始めとする『スター・ウォーズ』シリーズ6作品で、愛すべきドロイドを演じた。

ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルは、ベイカーを「生涯の友」と称した。

ハミルは「彼の楽観主義と決断力が大好きでした」と、有名なセリフをもじってツイートした。「彼こそまさに、私が探していたドロイドだ!」(ハミル)。

脚本家・俳優のエドガー・ライトは、ベイカーが『スター・ウォーズ』で演じたキャラクターと1981年の英国ファンタジー映画『バンデッドQ』での役柄に触れ、「安らかに眠れ、R2-D2。さらば、タイム・バンデット。さようなら、Mr.ケニー・ベイカー」とコメントした。

ベイカーは81歳で亡くなった。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2『ツイン・ピークス』の“ログレディ”役で知られるキャサリン・コウルソン...リンク
  • 3ヴィン・ディーゼル、『ワイルド・スピード』シリーズ最終章は3部作と発表...リンク
  • 4【動画】ギレルモ・デル・トロ監督による半魚人のおとぎ話、映画『The ...リンク
  • 5映画『Jumanji(原題)』の公開が2017年のクリスマスに延期リンク