2015/10/1 14:34

『タワーリング・インフェルノ』のジョン・ギラーミン監督が89歳で死去

Film and Television
映画『タワーリング・インフェルノ』や1976年の映画『キングコング』で知られるジョン・ギラーミン監督が、9月27日の日曜日(現地時間)、ロサンゼルスのトパンガ・キャニオン地区の自宅で死去した。89歳だった。

監督の友人であり、彼の作品のDVDをいくつも発売してきたトゥナイト・タイム・ムーヴィーズのニック・レッドマンが彼の死を確認した。彼の妻メアリーは、夫のことを「繊細で情熱的で、すさまじい歓喜に溢れた人でした」とフェイスブックに綴った。

この英国人の名監督は、1940年代の終わり頃からずっと活躍し続けてきた。代表作にはジェシカ・ラング主演の映画『キングコング』(1976年)、『ナイル殺人事件』(1978年)、『ブルー・マックス』(1966年)、『黒いジャガー/アフリカ作戦』(1973年)などがある。

1974年に公開された映画『タワーリング・インフェルノ』ではアカデミー作曲賞、同編集賞、同撮影賞を獲得し、加えてゴールデングローブ賞においては、フレッド・アステアに助演男優賞を、スーザン・フラナリーに有望若手女優賞をもたらせている。

また、ギラーミン監督は映画『Melody in the Dark』(1949年)、『High Jinks in Society』(1949年)、『Paper Gallows (Torment)』(1950年)でそれぞれ脚本とプロデューサーを務めた。脚本作品としては、ほかに映画『ターザンの決闘』(1959年)や映画『ターザンと猛獣の怒り』(1962年)などがある。

ロンドンに生まれ、ケンブリッジ大学を卒業。1980年には映画『ナイル殺人事件』(1978年)でイヴニング・スタンダード・ブリティッシュ・フィルムアワードを受賞している。

妻と一人娘を持つ。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【香港フィルマート2016】東宝映画『後妻業の女』は日本の詐欺商法を描...リンク
  • 2映画『Justice League(原題)』、アンバー・ハード演じるア...リンク
  • 3アンジェリーナ・ジョリー監督作、カンボジア内戦を描いた映画を2016年...リンク
  • 4映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク
  • 5【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク