2016/8/13 08:00

ゾーイ・クラヴィッツ、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演決定

zoe-kravitz

 

ゾーイ・クラヴィッツが、米ワーナー・ブラザースによる映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演することが決定した。

同作には、エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、エズラ・ミラー、アリソン・スドルが出演し、『ハリー・ポッター』の小説と映画で描かれた出来事が起こる70年前のニューヨークが舞台となる。

同作は、魔法生物たちの記録を試みるために、魔女と魔法使いの秘密のコミュニティーへ足を踏み入れる魔法生物学者のニュート・スキャマンダーから展開する。彼が著した本は、後にハリー・ポッターが通う学校であるホグワーツで使われることとなる。

クラヴィッツが演じる役は現在のところ不明だが、最近になってワーナーが発表した続編では、より大きな役回りになると見込まれている。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、デヴィッド・イェーツが監督を務め、11月18日に米劇場公開する。脚本は、同シリーズの原作者であるJ・K・ローリングが執筆した。

デヴィッド・ハイマン、ローリング、スティーヴ・クローヴス、ライオネル・ウィグラムが、プロデュースを手掛ける。ニール・ブレア、リック・セネット、ダニー・コーエンが、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

クラヴィッツの最近の出演作には、ジョージ・ミラー監督の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がある。クラヴィッツは、米ケーブルテレビ局HBOのテレビシリーズ『Big Little Lies(原題)』では、ニコール・キッドマン、リース・ウェザースプーン、シェイリーン・ウッドリーと共演し、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる映画『Rock That Body(原題)』にも出演する。

クラヴィッツは、パラダイム、アンタイトルド・エンターテイメントと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ロジャー・エイヴァリー監督復帰映画『Lucky Day(原...リンク
  • 2米ソニー、2017年夏に“絵文字”を題材にした映画を公開へリンク
  • 3映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出演するクリス・エヴァン...リンク
  • 4【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 5『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見・全文書き起こしリンク