2015/10/1 18:00

全世界で記録的ヒット中『ジュラシック・ワールド』『ジュラシック・ワールド』ヒロインに直撃「この映画グリーンバックでの撮影はほとんど無いの」

IMGP5202-1024x768
全世界で記録更新中の映画『ジュラシック・ワールド』。

本作で、テーマパーク「ジュラシック・ワールド」の責任者であり、ハイヒールで恐竜と格闘するキャリアウーマンを演じたのが、ブライス・ダラス・ハワード。父親である映画監督のロン・ハワードをはじめ、母親、叔父、祖父も俳優という、映画一族の中でもひと際輝く美しい女性です。

自身も映画監督を務めるなど、劇中の役柄・クレアと同じく働くカッコイイ女性であるブライス。インタビューでは映画についてはもちろん、自身とクレアの共通点とは? など色々とお話を伺ってきました。

jw_main_large
―『ジュラシック・ワールド』を観た人なら皆さん、クレア(ブライス)がハイヒールで森の中を走りまくるシーンに驚くと思います。

ブライス:実際にハイヒールで走っているのよ(笑)。映画を観た方なら「ああ、ハイヒールを脱げばいいのに!」とハラハラしたと思うのですが、私はクレアの気持ちになって考えてみたの。クレアはキャリアウーマンで自分に誇りを持っている。だったら、ヒールを折ったり、脱いだりしないで、ジャングルもハイヒールで走ってみせるんじゃないかって。

―なるほど。クレアらしさが最も現れている演出だとも言えますよね。何かトレーニングは行いましたか?

ブライス:特別な事はしなかったは。でもタフに走るのには“足首”が一番大切という事で、足首だけは強化しました。総合格闘家(MMA)のピート・ウィリアムスに、武道で培った本格エクササイズを習って、徹底的にやったおかげでケガは一度もなかったわ。

―ハイヒールで逃げるシーンはもちろん、この作品では恐竜の存在に怯えたり、恐竜に追いかけられる恐ろしさを表現する事が重要だと思うのですが、恐竜を想像しながら演技するのは大変ではありませんでしたか?

ブライス:実はこの映画グリーンバックでの撮影はほとんど無いのよ。

―そうなんですか?

ブライス:ジャングルは本物だし、ニューオリングに実際にテーマパークを作ったの。ものすごいサイズの恐竜はCGだけど、恐竜に触れたり間近で共演するシーンは模型で作ったアニマトロニクスの恐竜が存在している。アニマトロニクスの恐竜を見ていたからこそ、CGのシーンでもあたかもそこに恐竜がいるような感覚になることが出来たのよ。

―なるほど! 実際に目の前にいた恐竜もいたという事ですね。

ブライス:そうなの。あと、私自身が子供の頃からいろんなことを想像するのが好きだったから自然に演技が出来たのかもね。何かに追いかけられるのを想像しながら裏庭を走っていたらしいから。ユニコーンのアニメとか(笑)。

―映画を観ている間、ずーっと「クレア、はやく逃げて!」って応援してしまいましたもの。

ブライス:ありがとう。観客が自分を投影できるキャラクターにしたかったの。今言っていただいた様に、映画を観ながら「逃げて!」と応援したくなるのは、クレアが窮地に立たされながら徐々に人間性を取り戻していく姿に共感するから。

―そしてクレアを助けるオーウェンの姿に「頼もしい!」となるわけですね。

ブライス:そうね。あれ……、ちょっと待って。いま気付いたけど、クレアはオーウェンに助けられたこと、あったかしら? どちらかというと私がオーウェンを助けていない?(笑)

―あはは、確かにそうかもしれませんね。クレアは勇敢に戦っていました。

ブライス:そうでしょう? でも、オーウェンはとても勇敢で心が温かい人。彼を演じたクリス・プラットもね。もし地球滅亡の日が来たら、私はクリスの家に逃げ込むわ!

―私は映画の中のオーウェンとクレアの関係性もとても気に入っているのですが、ブライスさんご自身も初デートではテキーラは飲まないのでしょうか?

ブライス:私は今まで一度もお酒を飲んだ事が無いの! だからテキーラは飲まないわね。でもあんなに魅力的な男性が目の前にいたら、やっぱりデートはするんじゃない?(笑)

―今日はどうもありがとうございました。

IMGP5173-1-1024x1550


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク
  • 3【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 4マット・リーヴス監督、映画『The Batman(原題)』の脚本をいち...リンク
  • 5ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク