2016/8/6 08:00

映画『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化が実現か、米ABCが「交渉を重ねてきた」とコメント

Mark Hamill, Carrie Fisher and Harrison Ford in "Star Wars"

米テレビ局ABCの社長チャニング・ダンジーによると、同局は依然として、遥か彼方の銀河系を訪れる日が来ることを願っている。ダンジーは、映画シリーズ『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化の可能性についてルーカスフィルムと交渉を続けている、と語っている。

ダンジーは、テレビ批評家協会のサマー・プレスツアーで、「1人のファンとして(テレビシリーズ化の実現に)イエスと言いたい。ルーカスフィルムとは話し合いを重ねてきたし、今後も続けていきます。もし『スター・ウォーズ』を我々のテレビプログラムに拡大する方法が見つかれば、それは素晴らしいことです」と、コメントした。

プレスツアーでの発表の後、ダンジーは複数のリポーターたちに向け、現時点では『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化に関連する進行中の公式の企画は存在しないと語った。また、「ルーカスフィルムは巨大な秘密事項が多くあります。マーベルが秘密を重んじると考えるなら、ルーカスフィルムはそれをさらに上回るレベルです」と語り、「交渉は進んでいます。公式な進行スケジュールは特にありません」と、加えた。

現在ABCは、『スター・ウォーズ』のアニメ版で、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の数年後、そして映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以前を舞台とする、ディズニーXDによるアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』シリーズ、そして、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の間について描くアニメ『Lego Star Wars: The Freemaker Adventures(原題)』を放送スケジュールに組み込んでいる。

『スター・ウォーズ 反乱者たち』は、サイモン・キンバーグがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。キンバーグは、謎に包まれた『スター・ウォーズ』のアンソロジー版映画の脚本を執筆しており、キーファー・サザーランドが主演するABCの新テレビシリーズ『Designated Survivor(原題)』でもエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。

このニュースは、ダン・ホロウェイによって報じられた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1O.J.シンプソンが再びハリウッドで働くべきではない理由リンク
  • 22016年米大統領選、最近の民主党討論会における5つの重要な話題リンク
  • 3ジム・キャリー、元恋人の突然の自殺に驚きと悲しみを表明リンク
  • 4【独占記事】映画『キャプテン・アメリカ』のジョー・ジョンストン監督、映...リンク
  • 5アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク