2016/8/4 08:00

チャニング・テイタムとジリアン・ベル、米ディズニーのリブート版映画『スプラッシュ』に主演へ

No Merchandising. Editorial Use Only. No Book Cover Usage. Mandatory Credit: Photo by Moviestore/REX/Shutterstock (1606805a) Splash, Daryl Hannah, Tom Hanks Film and Television

米ウォルト・ディズニーは、ブライアン・グレイザーとロン・ハワードが設立した映画製作会社のイマジン・エンターテインメントと、過去の最高傑作の1つである映画『スプラッシュ』のリブート版映画製作について初期の話し合いを進めている。リメイク版映画の脚本はマリア・ルイス・ライアンが担当し、チャニング・テイタムとジリアン・ベルが主演する。

オリジナル版映画『スプラッシュ』は、トム・ハンクス演じる青年が少年時代に溺れていたところをダリル・ハンナ演じる人魚に助けられ、後に2人が再会するというストーリーだ。青年は人魚に恋をするが、彼女が何者なのか分からずにいる。リブート版では、驚くことにテイタムが人魚の役を演じ、ベル演じる少女を助け数年後に再会するストーリーになっている。

1984年に公開されたロマンティック・コメディ映画『スプラッシュ』は、グレイザーとハワードにとって初となる大ヒットを記録し、イマジン・エンターテインメントの設立へと導いた。グレイザーとハワードは、リブート版でも、フリー・アソシエーションのテイタム、リード・カロリン、ピーター・キーランとともに再びプロデュースを手掛ける予定だ。イマジン・エンターテインメントのアンナ・カルプは、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

テイタムは、映画『Kingsman: The Golden Circle(原題)』の撮影を終了し、映画『Logan Lucky(原題)』の撮影を開始するところだ。テイタムは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、マネジメント360と代理人契約を結んでいる。

ベルの次回作は、ドリームワークスによる映画『Office Christmas Party(原題)』だ。ベルは、UTA、スリー・アーツ・エンターテイメントと代理人契約を結んでいる。

このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

 


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク
  • 3【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 4マット・リーヴス監督、映画『The Batman(原題)』の脚本をいち...リンク
  • 5ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク