2016/7/29 11:20

20世紀FOX、SF映画『Caves of Steel(原題)』の脚本家にアキヴァ・ゴールズマンを起用

Mandatory Credit: Photo by Buchan/Variety/REX/Shutterstock (5527991b) Akiva Goldsman WGN America 'Underground' Panel at the Winter TCA Tour - Day 4, Pasadena, America - 08 Jan 2016

本紙ヴァラエティが独自に得た情報によると、米20世紀FOXは、アイザック・アシモフの小説を原作とするSF映画『Caves of Steel』の脚本家にアキヴァ・ゴールズマンを起用した。

このプロジェクトは、FOXとファーストルック契約にある映画プロデューサーのサイモン・キンバーグが、ヘンリー・ホブソンの監督作品として2011年に立ち上げた。アシモフによる原作『鋼鉄都市』の舞台は、人口があふれ返り、ロボットが禁止された1000年後の地球である。地球のロボットに対するポリシーを変えようとしていた大使の殺人事件を解決するため、ある刑事がロボットとチームを組んで捜査にあたらなければならなくなる。

ドラフトとなった脚本は、ジョン・スコット三世とジェームズ・ヴァンダービルトが執筆した。

アシモフの小説は1953年に出版され、1964年にはBBCがテレビ映画を製作した。

ゴールズマンは、映画『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を獲得。映画『評決のとき』や映画『アイ,ロボット』、映画『シンデレラマン』、映画『バットマン フォーエヴァー』、映画『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』、映画『ダ・ヴィンチ・コード』、映画『天使と悪魔』、映画『フィフス・ウェイブ』、映画『ニューヨーク 冬物語』などの脚本を手掛けた。パラマウンとハスブロ製作による映画『トランスフォーマー』シリーズでも、新たな物語を描くために結成された脚本家や製作者らのチームを率いている。

キンバーグとゴールズマンは『Mr.&Mrs. スミス』でも協業している。

また、ゴールズマンが自身の会社ウィード・ロード・カンパニーを通じて製作してきた作品には、映画『ローン・サバイバー』、映画『Mr.&Mrs. スミス』、映画『アイ・アム・レジェンド』、そして今後公開される映画『The Dark Tower(原題)』がある。

ゴールズマンは、WMEと代理人契約を結んでいる。


  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク