2016/7/29 08:00

エディ・レッドメイン、モルテン・ティルドゥム監督の映画『The Last Days of Night(原題)』に出演へ

Eddie Redmayne The Last Days of

本紙ヴァラエティが複数の情報源から確認したところによると、エディ・レッドメインが、米映画製作会社ブラック・ベアー・ピクチャーズによるドラマ映画『The Last Days of Night(原題)』に出演することが決まった。

このニュースは、ブラック・ベアー・ピクチャーズが、グレアム・ムーアの特別テレビ番組を先月獲得したという話題に続き、また、映画『Passengers(原題)』のモルテン・ディルドゥム監督が、『The Last Days of Night(原題)』を監督することになる。

同作は、国に電灯をもたらすため、トーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスとの間で起こる闘いを描く。エジソンが特許局へのレースに勝った後の設定で、エジソンは、前代未聞の総額10億ドルのため、唯一残った彼のライバルであるウェスティングハウスを訴える。ウェスティングハウスは自己弁護するため、彼の弁護人に驚くべき人選を行い、コロンビア大学ロースクールを出たばかりで実力が未知数の26歳の新人ポール・ドレナン・クラバス(レッドメイン演じる)を雇う。

同作は、ノラ・グロスマン、イドー・オストロウスキー、テディ・シュウォーツマンがプロデュースを手掛け、ブラック・ベアー・ピクチャーズが全ての資金を調達する。現時点では、配給会社は決まっていない。

レッドメインは、映画『博士と彼女のセオリー』で第87回アカデミー賞主演男優賞を獲得し、翌年、主演した映画『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。レッドメインは、次回作となる映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のプロモーションを行うため、コミコン(Comic-Con)が行われたサンディエゴで週末を過ごした。

レッドメインは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)とユナイテッド・エージェンツを代理人としている。このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2米ディズニーによる映画『アラジン』、ウィル・スミス、メナ・マスード、ナ...リンク
  • 3アカデミー作品賞のオッズ発表、『オデッセイ』が好発進、『Spotlig...リンク
  • 4アン・ハサウェイ主演のエイリアン侵略コメディ映画『The Shower...リンク
  • 5マイケル・ムーア、トランプ大統領をテーマにしたドキュメンタリー映画『F...リンク