2016/7/20 11:00

韓国映画『殺人の告白』、日本版リメイク映画化が決定

confession-of-murderer_showbox

韓国の犯罪スリラー映画『殺人の告白』が、日本でリメイク映画化される。

韓国映画の出資と配給を手掛けるショーボックスによると、株式会社ロボット(映画『Love Letter』、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズ)が、日本版リメイク映画のプロデュースを手掛ける予定だ。また、入江悠(映画『ジョーカー・ゲーム』)が監督を務め、藤原竜也(映画『デスノート』)と伊藤英明(映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』が出演する。

日本版リメイク映画は日本テレビが出資し、米ワーナー・ブラザースが日本での配給を担う。両社は過去に、ヒット映画『デスノート』シリーズで共同プロデュースを手掛けた。

『殺人の告白』は、ある殺人犯が17年前の連続殺人を認める自叙伝を出版することから展開する。パク・シフ(映画『きみの声を探して アフター・ラブ』)とチョン・ジェヨン(映画『今は正しくあの時は間違い』)が出演し、2012年11月に韓国で劇場公開され、1790万ドルの興行収入を記録した。北米では、ウェルゴ・USAにより公開された。

日本版リメイク映画は、今月に撮影を開始し、2017年夏に劇場公開となる。


タグ:
  • 元記事著者:Sonia Kil
  • 翻訳者:AyaSasaki
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『スター・ウォーズ』エピソード8のタイトルが決定リンク
  • 2ベン・アフレックの映画『Live By Night(原題)』、ファース...リンク
  • 3【動画】ピクサー、作品をつなぐ“隠れキャラクター”を明かす映像を公開リンク
  • 4【動画】マーベル最新映画『Captain America: Civil...リンク
  • 5米ソニー、2017年夏に“絵文字”を題材にした映画を公開へリンク