2016/7/20 16:50

ライオンズゲート、映画『ソウ』シリーズ第8弾とリーアム・ニーソン主演映画『The Commuter(原題)』を2017年に公開

Mandatory Credit: Photo by Samuel de Roman/DYDPPA/REX Shutterstock (4587403k) Liam Neeson 'Run All Night' film premiere, Madrid, Spain - 24 Mar 2015

ライオンズゲートは、映画『ソウ』シリーズ第8弾をハロウィン前の2017年10月27日(現地時間)に、またその2週間前にリーアム・ニーソン出演の映画『The Commuter(原題)』の米劇場公開日を決定した。

タイトル未定の『ソウ』シリーズ最新作は、双子のマイケル、ピーター・スピエリッグが監督し、ツイステッド・ピクチャーズがプロデュースする。

シリーズ1作目の『ソウ』は120万ドルの製作費で、ジェームズ・ワン監督の鮮烈なデビュー作となった。リー・ワネルが脚本を手掛け、ケイリー・エルウィズ、ダニー・グローヴァー、モニカ・ポッター、マイケル・エマーソン、ケン・レオン、トビン・ベル、ワネルが出演した。同作は2004年10月に劇場公開され、その後2010年までに6作品が同様にハロウィン前の時期に公開された。

同シリーズは、犠牲者の生きる意志を試す、「ジグソウ・キラー」または「ジグソウ」と呼ばれる架空のキャラクター、ジョン・クレイマーを中心に話が展開される。

また、ライオンズゲートは7月13日(現地時間)に、アクション・コメディ映画『The Hitman’s Bodyguard(原題)』を2017年8月18日(現地時間)に米劇場公開すると発表した。同作は、ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、サルマ・ハエック、ゲイリー・オールドマン、エロディ・ユンが出演し、トム・オコナーの脚本のもとパトリック・ヒューズが監督を手掛ける。

『The Commuter』は、ニーソンとヴェラ・ファーミガが出演し、2017年10月13日(現地時間)に米劇場公開する。ジャウマ・コレット=セラが監督を務め、スタジオ・カナルがプロデュースする。

ニーソンは、犯罪的陰謀に巻き込まれ、突然日常から外れる平凡な保険会社のセールスマンを演じる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ベン・アフレックの映画『Live By Night(原題)』、ファース...リンク
  • 2ゾーイ・クラヴィッツ、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画...リンク
  • 3映画『ファインディング・ドリー』が大ヒットした5つの理由リンク
  • 4【独占記事】SFファンタジー小説『護られし者』の映画版が進行中リンク
  • 5【動画】セレーナ・ゴメス、Netflixの新ドラマシリーズ『13 Re...リンク