2016/7/7 10:45

ジャン・レノ出演の映画『The Adventurers(原題)』、チェコ共和国で撮影へ

Processed with Rookie Cam

ジャン・レノとアンディ・ラウが出演する、スティーヴン・フォンの香港映画『The Adventurers(原題)』が、チェコ共和国での撮影に臨む。

本作品は、フラッグシップ・エンターテイメントによって3月に発表された10以上のプロジェクトのひとつだ。フラッグシップ・エンターテイメントは米ワーナー・ブラザース、チャイナ・メディア・キャピタル、放送局TVBによる合弁企業。『The Adventurers(原題)』は、フランスとチェコ共和国が舞台のトレジャー・ハント・アクションとなる。台湾人女優のスー・チーも出演する。

テレンス・チャンが率いるマニックス・ピクチャーズが、プラハを本拠地とするミルク・アンド・ハニー・ピクチャーズと共同でプロデュースする。今年の夏にプラハ・スタジオで撮影し、9月にはチェコ共和国の首都周辺、カルロヴィ・ヴァリ、レドニツェ、ボウゾフなどの地域で撮影する予定だ。

チェコ・ステート・シネマトグラフィ・ファンドによると、少なくとも同国で2億チェココルナ(820万ドル)の製作費を費やす。

レノは、今年のカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に出席し、フェスティバル・プレジデント・アワードを受賞した。レノはチェコ共和国で複数の作品を撮影している。最も直近のものとしては、ジャン=マリー・ポワレ監督のタイム・トラベル・コメディシリーズとして知られる映画『ビジター』の3作目を撮影した。

ミルク・アンド・ハニー・ピクチャーズは、チェコで作られた最初の中国映画となったシュー・ジンレイ監督の映画『あの場所で君を待ってる』を含め、映画やテレビシリーズの海外共同プロダクションにフォーカスしている。


タグ:
  • 元記事著者:Ed Meza
  • 翻訳者:AyaSasaki
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2米ディズニーによる映画『アラジン』、ウィル・スミス、メナ・マスード、ナ...リンク
  • 3アカデミー作品賞のオッズ発表、『オデッセイ』が好発進、『Spotlig...リンク
  • 4アン・ハサウェイ主演のエイリアン侵略コメディ映画『The Shower...リンク
  • 5マイケル・ムーア、トランプ大統領をテーマにしたドキュメンタリー映画『F...リンク