ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandpa(原題)』、米劇場公開日が決定

FILM2016/12/9 11:43 TWCディメンションは、ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandpa(原題)』の米劇場公開日を2017年10月21日に決定した。 同社は同作の公開日を6カ月早く計画していたが、11月に開催されたアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)のプレゼンテーションで、ティム・ヒル監督は、同作の撮影を2017年2月からトロントで開始すると発表した。 『The War with Grandpa(原題)』は、祖母を亡くしたばかりの祖父が家に引っ越してきたことで、自分の部屋を出なければならない少年の姿を描いたものだ。少年は友人の手を借り、祖父が自分の部屋から出ていくように様々ないたずらを仕掛けるのだが、予想していたよりも祖父が手強い相手であることに気づき、物語は徹底的な争奪戦へと発展していく。 クリストファー・ウォーケンとユージン・レヴィは、デ・ニーロの友... テキスト リンク

  • FILM2016/12/9 08:00 【動画】トム・クルーズ主演のリブート版映画『ハムナプトラ』、初フル・トレーラーが公開

    リブート版映画『ハムナプトラ』の初フル・トレーラーが公開され、神々とモンスターたちの新世界のすべてを垣間見ることが出来る。 米ユニバーサル・ピクチャーズは12月4日(現地時間)の夜、トム・クルーズ主演の映画『ミッション:インポッシブル』に負けずも劣らない古代エジプトのモンスターたちの世界を描いたアクション映画の初フル・トレーラーを公開した。同作は、ソフィア・ブテラ演じる古代の女王が砂漠の下の地下室から目覚めた後、現代人を脅かす邪悪や恐怖をもたらすストーリーだ。 トレーラーでは、アフマネット女王がロンドンを破壊する中、ラッセル・クロウ演じるキャラクターがクルーズ演じるキャラクターに、「アフマネット女王に会って頂きたい」と、言う。そして、「女王は、自分が否定され続けてきたものを要求するだろう」と、続ける。 最初の30秒では、クルーズ演じるキャラクターが飛行機事故で死亡... テキスト

    リンク
  • TV2016/12/8 11:21 【動画】マドンナがジェームズ・コーデンの『カープール・カラオケ』に登場、予告編を公開

    クィーン・オブ・ポップ、マドンナが、ついにジェームズ・コーデンの『カープール・カラオケ』で助手席に座る日がやってきた。 予告編では、コーデンが「街を案内してくれてありがとう」、「ニューヨークは詳しくないんだ。音楽をかけてもいいかな?」と、マドンナに尋ねる。 マドンナは「音楽のかかっていない車に乗るのは好きじゃないわ」と答える。 その後2人はマドンナの大ヒット曲『ヴォーグ』に合わせ、最高のウォーギングを披露し、さらにマドンナはブーティーダンス(お尻を突き出して腰を動かすダンス)まで披露する。 続けてコーデンが、昔マドンナがマイケル・ジャクソンとデートした時の話を聞き出そうとすると、マドンナは「秘密を暴露して欲しいんでしょう?」とコーデンに聞き返す。 2人はさらに、楽曲『ビッチ アイム・マドンナ』の一節を披露する。 史上最高の女性アーティスト マドンナが... テキスト

    リンク
  • FILM2016/12/8 08:00 『ローグ・ワン』の監督・キャストが来日 「オープニングはクロサワ映画を彷彿とさせる」

    12月16日(金)より全世界同時公開を迎える映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。世界中のファンが公開を待ちわびる中、本作を手掛けたギャレス・エドワーズ監督、主人公ジン・アーソを演じるフェリシティ・ジョーンズ、反乱軍の情報将校キャシアン・アンドー役のディエゴ・ルナが来日。監督と主要キャストによるアジア最速の記者会見が開催された。 本作は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より前の時代が描かれるスピンオフ作品。銀河のアウトロー、ジン・アーソは、自身の犯罪歴を消し去るチャンスとして、帝国軍の宇宙要塞“デス・スター”の設計図を盗み出す指令を言い渡される。エピソード4でレイア姫がR2-D2 に託した設計図は、いかにして入手されたのか。旧シリーズで明言されなかった「多くの犠牲」の詳細がついに明らかとなる。 「知っての通り、『スター・ウォーズ』は日... テキスト

    リンク
  • FILM2016/12/7 17:00 エイミー・シューマー、実写版映画『バービー』に出演交渉中

    複数の情報筋が本紙ヴァラエティに語ったところによると、コメディエンヌのエイミー・シューマーが、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる映画『Barbie(原題)』で、実写版のバービーを演じる交渉中だ。 同作のオリジナルのアイデアと脚本はヒラリー・ウィンストンによるものだが、シューマーの妹のキム・キャラメルが書き直すと見込まれている。 同作は、映画『スプラッシュ』、映画『魔法にかけられて』、映画『ビッグ』のような要素を持ち、完ぺきではないという理由でバービーランドから追い出された主人公が、現実世界へ冒険の旅に出るというストーリーだ。 『Barbie(原題)』は、2018年夏に米劇場公開を予定している。ローレン・アブラハムズが、米ソニーに向けて同プロジェクトを統括する。 プロデューサーには、ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド、エイミー・パスカル... テキスト

    リンク
  • FILM2016/12/7 15:00 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に出演のドニー・イェン、自身のマーシャル・アーツのルーツについて語る

    映画の中で、俳優ドニー・イェンの手と足は、人の目が追うにはあまりにも早く動く。イェンの手足は、人間の敵は言うまでもなく、壁を突き破ることができる。 この記事は、2016年11月29日号の本紙ヴァラエティに最初に掲載された。 イェンは11月30日に、TCLチャイニーズ・シアターのセメントに手と足の型を刻む際、手足の動きを遅め、とても紳士的に当てがった。 イェンは、「アジア人俳優が、芸術的貢献によって認知されてきたのは最近のことです」と、語る。ジャッキー・チェンは、1997年に同様の形で栄誉を授けられた。「だから、これは素晴らしい栄誉です。アジア人に授けられるのは久々のことですから」と、続ける。 現在53歳のイェンにとって、この栄誉は非常に素晴らしいことである。20代前半から、パフォーマーやアクション振付師、監督として活躍してきたにもかかわらず、彼の演技や格闘技... テキスト

    リンク
  • Netflix 、TVシリーズ『センス8』のクリスマス特別版とシーズン2の公開日を発表

    おお、TVシリーズ『センス8』の信心厚きものたちよ来たれ! Netflixは12月23日(現地時間)にクリスマス特別版の2時間番組を全世界で配信すると発表した。さらに、5月5日にシーズン2の新しいエピソード10話が放送される。 Netflixの新番組が常とするように、12月23日の午前12時01分(太平洋時間)にストリーム配信(現在はダウンロードも可能)される。 クリスマス特別版の説明では、「お互いが深い繋がりを感じ、暗黒を体験し、絶望的な秘密や自分以上に自分を重ね合わせようともがく中で、8つの心が交錯しながら物語は進む」と、想像力を大いに駆り立てる。シーズン2のセットアップは明言されていないが、全キャストは生き残るために戦い、「予想に反して」お互いを理解し合う。 ファーストシーズンについて、本紙ヴァラエティのテレビ評論家ブライアン・ローリーは「重要な問題は... テキスト

    リンク
  • 【動画】映画『トランスフォーマー』シリーズ5作目のファースト・トレーラー公開

    マイケル・ベイ監督は、12月5日(現地時間)夜、彼にとって映画『トランスフォーマー』シリーズの最後の仕事となる最新作のファースト・トレーラーを公開した。 マーク・ウォールバーグとアンソニー・ホプキンスが出演する、米パラマウント・ピクチャーズによるシリーズ最新作『Transformers: The Last Knight(原題)』は、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や米ソニー・ピクチャーズの映画『Passengers(原題)』と同様、休日直前の公開となる。ホプキンスは、トレーラーの中でナレーションも務めた。 『Transformers: The Last Knight(原題)』の撮影は今週終わったばかり。2017年6月23日(現地時間)に米劇場公開される。 公開されたトレーラーはこちら。 Here's the #transformer... テキスト

    リンク
  • 本紙ヴァラエティが選ぶ、2016年に注目すべき監督10人

    本紙ヴァラエティが選ぶ、注目すべき10人の監督シリーズの20周年記念エディションが、2017年1月3日(現地時間)に開催されるパームスプリングス国際映画祭で行われる。 本紙ヴァラエティは、2016年度の注目すべき10人の監督を選出した。これまでにクリストファー・ノーラン、ウェス・アンダーソン、アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、タイカ・ワイティティらの著名な監督を輩出し、今年で20周年を迎える。 今年のリストには、米国内外、物語、ドキュメンタリー、心温まるものからホラーに至るまでの全映画ジャンルから新進気鋭の監督たちの名前が挙がった。選ばれた監督たちは、画期的なインディー作品の監督を務めたバリー・ジェンキンス(映画『Moonlight(原題)』)から、インド人監督のリテーシュ・バトラ(英語でのデビュー映画『The Sense of an Endin... テキスト

    リンク
  • 【動画】映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編、新トレーラーを公開

    ベイビー・グルート、再び。 米ウォルト・ディズニーは、スマッシュヒットを記録した映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編映画の新トレーラーを公開した。 ジェームズ・ガンが監督を務め、クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼルなどが出演する映画『Guardians of the Galaxy Vol. 2(原題)』は、2017年5月5日(現地時間)に米劇場公開となる。 その他、新たなキャストには、エリザベス・デビッキ、クリス・サリヴァン、カート・ラッセルらも名を連ねている。 公開されたトレーラーはコチラから。 https://www.youtube.com/watch?v=dW1BIid8Osgテキスト

    リンク
  • ヒュー・ジャックマン、ベストセラーYA小説原作の映画『Diary of a Part-Time Indian(原題)』に参加

    米FOX2000ピクチャーズは、シャーマン・アレクシーのYA小説『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian(原題)』をベースとした映画の開発を、同作をプロデュースするヒュー・ジャックマンと共に進めている。 FOX2000は同プロジェクトを、FOXに拠点を置くテンプル・ヒル・エンターテイメント、ザ・ドナーズ・カンパニーと共に進めている。プロデューサーにはローレン・シュラー・ドナー、ジャック・レスリーと共に、ジャックマン、テンプル・ヒルのウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナーが名を連ねる。現時点では、ジャックマンは同作のキャストには含まれていない。 2007年に出版されたアレクシーの小説『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian(原題)』は、... テキスト

    リンク
  • トム・クルーズ主演のリブート版映画『ハムナプトラ』、ファースト・ルックを公開

    トム・クルーズと米ユニバーサル・ピクチャーズは、映画『ハムプトラ』シリーズのリブート版ファンタジー・スリラー映画『The Mummy(原題)』の不吉な15秒間のティザーを公開した。ティザーの中で、クルーズは「彼女を見た。彼女は本物だ」と主張する。 12月1日(現地時間)に公開されたティザーには、砂漠にあるどこかの地下室からミイラが運び出されるシーンや、「神々とモンスターの世界にようこそ」という恐怖の宣言とともにクルーズが逃げる短いシーンがある。 クルーズは「#TheMummyを復活させる手助けができて興奮している。日曜日に公開するフルトレーラーを皆が見るのが待ちきれない」とティザーの公開と共にツイートした。 同リブート版にはラッセル・クロウ、コートニー・B・ヴァンス、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソンが出演する。監督はアレックス・カーツマ... テキスト

    リンク
  • ニコラス・ケイジ、地球温暖化が進む近未来を舞台とするSFアクション映画に主演へ

    ニコラス・ケイジが、先週からカナダ・ブリティッシュコロンビアで撮影開始したSFアクション・スリラー映画『The Humanity Bureau(原題)』に主演する。 同作は、ロブ・キングが監督し、デイブ・シュルツが脚本を手掛け、サラ・リンド、ジェイコブ・デイヴィーズ、ヒュー・ディロンも出演する。 同作は、地球温暖化によって壊滅状態となった2030年のアメリカ中西部を舞台とするストーリーだ。経済不況対策のため、政府の機関“The Humanity Bureau”は、利益をもたらさないと判断した人々を “ニュー・エデン”と呼ばれるコロニーに追放する。 ケイジは、シングルマザー(リンド)とその息子(デイヴィーズ)を助けるために調査を進める野心的で公正なケースワーカーを演じる。 『The Humanity Bureau(原題)』は、ウェズリー・スナイプス主演の映画『Th... テキスト

    リンク
  • 映画『21ジャンプストリート』の女性主人公版スピンオフ、ロドニー・ロスマンが脚本・監督へ

    映画『22ジャンプストリート』の脚本を手掛けたロドニー・ロスマンが、米ソニー・ピクチャーズの映画『21ジャンプストリート』シリーズのスピンオフ作品の脚本を執筆し、おそらく監督も担当すると思われる。主人公は2人の女性覆面捜査官だ。 ソニーはすでに『21ジャンプストリート』シリーズと『メン・イン・ブラック』シリーズを組み合わせた映画『MIB 23(原題)』を開発中で、この最新プロジェクトは人気シリーズに基づく単体作品となる。 ロスマンは、『MIB 23(原題)』の脚本も執筆した。ニール・モリッツがプロデュースする。 『21ジャンプストリート』シリーズのスピンオフ作品は、学校を舞台にした何らかの環境で、生徒に扮しておとり捜査を行う2人の女性警官を中心に展開する。過去2作の『ジャンプストリート』シリーズは、ジョナ・ヒルとチャニング・テイタムが出演し、1作目は高校を舞台に、... テキスト

    リンク
  • 【独占記事】ホアキン・フェニックスとガス・ヴァン・サント、有名な漫画家ジョン・キャラハンの伝記映画で再タッグか

    ホアキン・フェニックスと映画監督のガス・ヴァン・サントが、新作映画で再びタッグを組むことを想定している。2人は、長期間に渡り製作が進行している、四肢麻痺の漫画家ジョン・キャラハンの伝記映画『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foo(原題)』で再びチームを組む可能性がある。 アイコノクラストとアノニマス・コンテントがプロデュースを手掛ける同作は、映画と同名タイトルのキャラハンの自叙伝をもとにする。キャラハンは、21歳の時に交通事故で四肢麻痺になり、治療として絵を描くようになった。キャラハンの作品が、タブーとされるテーマを取り扱っていたために物議を醸し、数十年間に渡り、彼の故郷ポートランドで多数の抗議活動を引き起こした。 キャラハンの作品は、彼が2010年に亡くなる以前に、ザ・ニューヨーカー、ペントハウス、プレイボーイで発表された。 ア... テキスト

    リンク

  • 1【動画】トム・クルーズ主演のリブート版映画『ハムナプトラ』、初フル・ト...リンク
  • 2ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandp...リンク
  • 3映画『ウォークラフト』のダンカン・ジョーンズ監督、続編への関心と「誇り...リンク
  • 4『ローグ・ワン』の監督・キャストが来日 「オープニングはクロサワ映画を...リンク
  • 5『ジャングル・ブック』 レビュー(4/5点)【ひろゆき】リンク