【インタビュー】武闘派女優のカレン・フクハラ、映画『スーサイド・スクワッド』で映画デビューを飾る

FILM2016/7/30 11:50 ロサンゼルス生まれのカレン・フクハラ(福原かれん)は、マーシャルアーツ(空手)のチャンピオンで、かつては日本のテレビ番組に出演していた。しかし、彼女のキャリアは、8月に公開される映画『スーサイド・スクワッド』でギアチェンジされるだろう。彼女は同作で(ウィル・スミスやベン・アフレックなどの俳優陣に囲まれて)映画デビューを飾り、DCコミックスの世界への仲間入りを果たす。 とても注目されている作品に出演して、どのような気分ですか? 『スーサイド・スクワッド』の一員になることによる影響を、まだ十分に受けているとは感じられません。いまの生活は、二重生活のようです。一面では、『スーサイド・スクワッド』の宣伝のためにインタビューを受け、写真を撮られて、華やかな生活があります。しかしその一方で、家にこもってオーディションの準備をしている日もあり、役を手に入れるために努力している他の女優... テキスト リンク

  • FILM2016/7/30 08:00 【コミコン2016】データで見る最も話題になった映画作品

    数字が示すところによると、今年のコミコン(Comic-Con)では、旋風を巻き起こした映画やテレビシリーズから、映画『スーサイド・スクワッド』と米ケーブルテレビ局HBOのドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』の2作品が飛び抜けた。 サンディエゴ・コンベンションセンターの名高いホールHに、両作品から、ウィル・スミスやソフィー・ターナー、マーゴット・ロビーらの豪華なキャストが登場し、次々と大小のスクリーンで試写映像が映し出されるステージを彩った。 煌びやかな光のショーや花火も盛り込まれた野外のIMAXプレミア上映では、コミコンの幕を開けた映画『スター・トレック BEYOND』、初公開となったエキサイティングなトレーラーでファンを絶叫させた映画『Wonder Woman(原題)』、スーパーヒーローたちが集結するラインナップとコミコン特有の短編映像を披露した映画『Justi... テキスト

    リンク
  • TV2016/7/29 15:20 テレビシリーズ『24: Legacy(原題)』のプロデューサー陣がジャック・バウアーとの「交差」を語る

    テレビシリーズ『24:Legacy(原題)』はオリジナル版のリブート作品ではないと、番組のエグゼクティヴ・プロデューサーらはいう。コーリー・ホーキンズが演じるエリック・カーターの新ストーリーを語ることに重点を置くというが、その一方で、ジャック・バウアーを含めたオリジナル版の出演者が新シリーズに登場する可能性も否定してはいない。 エグゼクティヴ・プロデューサーのマニー・コトは、「これは『24 TWENTY FOUR』の拡張版であり、リブート版ではありません。ジャックとクロエはここにはいません」と指摘する。「この作品は、新しい解釈によって『24 TWENTY FOUR』の世界に開かれる窓です」と、世界観はキーファー・サザーランドが演じたアイコン的なキャラクターの世界と同じであることを述べたが、「2つの世界が交わるかどうかは分かりません」と続けた。 エグゼクティヴ・プロデュー... テキスト

    リンク
  • FILM2016/7/29 11:20 20世紀FOX、SF映画『Caves of Steel(原題)』の脚本家にアキヴァ・ゴールズマンを起用

    本紙ヴァラエティが独自に得た情報によると、米20世紀FOXは、アイザック・アシモフの小説を原作とするSF映画『Caves of Steel』の脚本家にアキヴァ・ゴールズマンを起用した。 このプロジェクトは、FOXとファーストルック契約にある映画プロデューサーのサイモン・キンバーグが、ヘンリー・ホブソンの監督作品として2011年に立ち上げた。アシモフによる原作『鋼鉄都市』の舞台は、人口があふれ返り、ロボットが禁止された1000年後の地球である。地球のロボットに対するポリシーを変えようとしていた大使の殺人事件を解決するため、ある刑事がロボットとチームを組んで捜査にあたらなければならなくなる。 ドラフトとなった脚本は、ジョン・スコット三世とジェームズ・ヴァンダービルトが執筆した。 アシモフの小説は1953年に出版され、1964年にはBBCがテレビ映画を製作した。 ... テキスト

    リンク
  • FILM2016/7/29 08:00 エディ・レッドメイン、モルテン・ティルドゥム監督の映画『The Last Days of Night(原題)』に出演へ

    本紙ヴァラエティが複数の情報源から確認したところによると、エディ・レッドメインが、米映画製作会社ブラック・ベアー・ピクチャーズによるドラマ映画『The Last Days of Night(原題)』に出演することが決まった。 このニュースは、ブラック・ベアー・ピクチャーズが、グレアム・ムーアの特別テレビ番組を先月獲得したという話題に続き、また、映画『Passengers(原題)』のモルテン・ディルドゥム監督が、『The Last Days of Night(原題)』を監督することになる。 同作は、国に電灯をもたらすため、トーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスとの間で起こる闘いを描く。エジソンが特許局へのレースに勝った後の設定で、エジソンは、前代未聞の総額10億ドルのため、唯一残った彼のライバルであるウェスティングハウスを訴える。ウェスティングハウスは自己弁護... テキスト

    リンク
  • FILM2016/7/28 16:33 映画『トレインスポッティング』の続編、ファーストティザーにオリジナル・キャストが再集結

    映画『トレインスポッティング』の初上映から20年が経ち、ダニー・ボイル監督は続編となる映画『T2: Trainspotting(原題)』で、再びオリジナル版のキャストを招集した。 7月25日(現地時間)の午前中に公開されたファースト・ティザーでは、レントン、スパット、シック・ボーイ、ベグビーらが列車の通過するホームに並び立つ。BGMはイギーポップの楽曲『ラスト・フォー・ライフ』。舞台はオリジナル版の9年後となる。 ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライルは、それぞれ1996年に公開されたオリジナル版の役を再び演じる。オリジナル版は、エディンバラのドラッグ・シーンにどっぶりと浸かり、ドラッグや友人たちからの誘惑を受けながらも更生し、そこから抜け出そうとする主人公レントンの姿を描いた。第69回アカデミー脚色賞にノミネートされ、また、第... テキスト

    リンク
  • 映画『ピッチ・パーフェクト』風のヒラリー・クリントンを応援する映像に多くのスターが参加

    フィラデルフィア ― 民主党は、11月の米大統領選挙戦で、リアリティ番組のスター(ドナルド・トランプ)と対峙することに向けて、“ハリウッド色が強すぎる” ことを気にしている気配はない。 それは、新たに公開された映像からも明らかだ。映像では、アイシャ・タイラー、アラン・カミング、アメリカ・フェレーラ、エリザベス・バンクス、エヴァ・ロンゴリア、イディナ・メンゼル、ジェーン・フォンダ、クリスティン・チェノウェス、マンディ・ムーア、ルネ・フレミング、ロブ・ライナー、シーアなどのスターが、楽曲『ファイト・ソング』を歌っている。彼らは、レイチェル・プラッテンの『ファイト・ソング』を歌うことでヒラリー・クリントンを支援している。 この映像は、映画『ピッチ・パーフェクト』から着想を得たもので、同作のプロデュースを手掛けたエリザベス・バンクス、ブルース・コーエン、マイク・トンプキンスがプ... テキスト

    リンク
  • 米ディズニーランド、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアトラクションを建設へ

    マーベルによる映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が、米ディズニーランドにやって来る。 マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギは、7月24日(現地時間)にサンディエゴで開催されたコミコン(Comic-Con)にて、ディズニーランド・パーク(アナハイム・カリフォルニア)に、スーパーヒーロー大作をテーマにしたアトラクションを2017年より建設開始すると発表した。 新アトラクション『Mission – Breakout!(原題)』は、もともと『トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー』のあった場所に建設される予定で、コミックや大ヒット映画のキャラクターが登場する物語にゲストを誘う。 ファイギは、「素晴らしい才能を持ったディズニーのイマジニアリング・チームが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの成功から、この没入体験を作り出すアイデアを思い付きました」と、語った... テキスト

    リンク
  • 【動画】メリッサ・マッカーシー、アダム・サンドラー、ジョディ・フォスターらがテレビ番組でハン・ソロのオーディションに参加

    オールデン・エアエンライクは、映画『スター・ウォーズ』シリーズの新作スピンオフ版で若き日のハン・ソロ役を演じることが公式に決まった。しかし、キャスティングの過程は簡単ではなかったようだ。彼は、誰もが切望するこの役を、超一流の俳優たちから勝ち取らなければならなかった。 先週末に放送された米TBSのトーク番組『Conan(原題)』にて、メリッサ・マッカーシー、ビル・ヘイダー、ウィル・アーネット、ジェフ・ゴールドブラム、アダム・サンドラー、50セント、ジョディ・フォスター、テレビ番組『シリコンバレー』のトーマス・ミドルディッチやクメイル・ナンジアニらが、かの有名な密輸団のベストを身に付け、このシリーズの一員なろうとした。映画『ゴーストバスターズ 』のマッカーシーはウィッグを着用し、オーディションの通過に強い自信を持っていたが、同シリーズを映画『ハリー・ポッター』シリーズと勘違いし、... テキスト

    リンク
  • ベライゾン、米ヤフーの中核事業を48億ドルで買収

    7月24日(現地時間)付のニューヨーク・タイムズ紙によると、米ヤフーの経営幹部は、同社の中核となる資産を米大手通信事業者のベライゾンに売却することで合意した。 売却には、ヤフーの中核となるインターネット・ビジネスが含まれている。そして、同社に数10億ドル規模の出資をしている中国電子商取引大手のアリババグループや、ヤフージャパンの関与により、安定した特許資産とは別個に売却されることになるだろう。ヤフーの株主はおよそ410億ドルの出資を維持している。 ヤフーCEOのマリッサ・メイヤーは、同社の再建に失敗したという理由で辞任する見通しだが、去り際に5500万ドルの解雇手当を受け取るはずだ。 ヤフーを手に入れるため、入札希望者が数か月にわたって競い合う中、ベライゾンはずっと売却先の本命と考えられていたにも関わらず、7月22日(現地時間)になって初めて勝者としての姿を明確に... テキスト

    リンク
  • テレビシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』、シーズン4のトレーラーがコミコンで初公開

    英BBCによる人気ドラマシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』の新たなシーズン4のティザーが公開された。映像では、「彼らが知るすべてのことは試される」という警告の言葉が映し出される。 イギリス発のミステリーを愛するファンたちがコミコン(Comic-Con)のパネルに集結し、参加した出演キャストのベネディクト・カンバーバッチ、アマンダ・アントン、共同クリエイターのスティーヴン・モファット、マーク・ゲイティス、プロデューサーのスー・ヴァーチューと共に、シーズン4の初トレーラーを観賞した。公開された映像は、過去のシリーズよりもアクションが多く盛り込まれ、「何かが来る。それはモリアーティかもしれないし、そうではないかもしれない。それでも、何かが来る」という言葉が唱えられた。 カンバーバッチは探偵のシャーロック・ホームズとして、マーティン・フリーマン扮する親友の医師ジョン・ワ... テキスト

    リンク
  • 映画『Snowden(原題)』のトレーラー、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとシェイリーン・ウッドリーが重圧に直面

    シェイリーン・ウッドリーは、7月21日(現地時間)のコミコンで公開されたオープン・ロード・フィルムズの映画『Snowden(原題)』の新トレーラーで、ジョセフ・ゴードン=レヴィットから酷い扱いを受ける。 コミコンにて同作のパネルに登場したオリバー・ストーン監督は、ソーシャルゲーム『ポケモンGO』の熱狂について、全体主義を産みだす「侵略の新しい段階」だと忠告した。 『Snowden(原題)』の中で、ゴードン=レヴィットはNSA(米国家安全保障局)の告発者エドワード・スノーデンを演じ、恋人のリンジー・ミルズをシェイリーン・ウッドリーが演じる。トレーラーでは、スノーデンが恋人に会う前に、携帯電話を電子レンジに入れ、リークした書類の受取人に次のターゲットになるだろうことを忠告するところから始まる。 ウッドリーは、「欲しいのは、あなただけ」と言う。 しかしその後、彼ら... テキスト

    リンク
  • 任天堂はどうすればゲーム『ポケモンGO』の成功を積み重ねることができるのか?

    任天堂は、同社の株式を最高レベルにまで押し上げた驚くべきヒット作ゲーム『ポケモンGO』で利益を得ている。しかし、ゲーム『ファームビル』やゲーム『キャンディ・クラッシュ・サーガ』のファンなら知っていることだが、『ポケモンGO』は世界現象となった初のモバイル・ゲームではない。大ヒットを生み出した会社の裏側には苦い経験があるように、1つのヒット作がウォール・ストリートの重力を一時停止している期間には限界がある。 この話題は、2016年7月20日の本紙ヴァラエティに最初に掲載されている。購読はこちら。 2009年、カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置くジンガは、『ファームビル』で成功を収め、2010年の業績に基づいて株式公開を促進した。しかし、同社は売上高成長率を維持するのに苦労しており、株式公開以来利益を出せていない。 スウェーデンに本社を構えるキング・デジタル・エン... テキスト

    リンク
  • マシュー・マコノヒー主演の映画『Gold(原題)』、クリスマスに米劇場公開が決定

    ザ・ワインスタイン・カンパニー(TWC)‐ディメンションが、マシュー・マコノヒー主演の冒険ドラマ映画『Gold(原題)』を、12月25日のクリスマスに米劇場公開することを決定した。 同作でマコノヒーは、エドガー・ラミレス扮する地質学者とチームを組み、未開拓のインドネシアのジャングルで金を探し、幸運を必死に求める現代の探鉱者を演じる。 同作は、パトリック・マセットとジョン・ジンマンによる脚本をもとに、映画『シリアナ』を監督したスティーヴン・ギャガンが監督を務めた。 『Gold(原題)』は、ブラック・ベア・ピクチャーズが出資し、同社のテディ・シュウォーツマンとHWY 61のマイケル・ノジックが、マセット、ジンマン、マコノヒーと共にプロデュースを手掛けた。HWY 61のパートナーであるポール・ハギス、リチャード・ミドルトン、そしてブラック・ベアのベン・スティルマンが、エ... テキスト

    リンク
  • 『ブレアウィッチ』シリーズの3作目が驚きのトレーラー公開、9月に劇場公開へ

    ライオンズゲートは、ファウンド・フッテージ・ホラーのシリーズ3作目で、16年ぶりとなる映画『Blair Witch(原題)』を9月16日に公開する。 本件は、7月22日(現地時間)の夜、映画『The Woods(原題)』の試写およびポスター、ティザーを発表する予定だったコミコンの会場で発表された。アダム・ウィンガード監督による本作は、20年前に3人の映画制作者が行方不明となった、メリーランドの人里離れた森が舞台となる。 本作は、これまで数か月にわたって映画『The Woods(原題)』として宣伝されてきたが、22日に急きょタイトルを変更するサプライズとなった。 1人の仲間の姉の失踪にまつわる謎を解き明かすため、メリーランドにあるブラック・ヒルという森を探索する大学生のグループを描く。この姉の死は、ブレア・ウィッチの伝説に関連していると皆が考えている。 旅の始... テキスト

    リンク

  • 1【写真】第88回アカデミー賞:最高の瞬間リンク
  • 2エディ・レッドメイン、モルテン・ティルドゥム監督の映画『The Las...リンク
  • 3【写真】第88回アカデミー賞:リハーサルの裏側リンク
  • 4アカデミー2冠『スポットライト 世紀のスクープ』レビュー(4/5点)【...リンク
  • 5ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6に3人の新キャストを追加リンク