【独占記事】ウディ・アレン監督、ハーヴェイ・ワインスタインについて「彼は悲しく、病んだ男だ」と語る

FILM2017/10/18 15:00 ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラスキャンダルについて、ウディ・アレン監督は本紙ヴァラエティに独占で、ワインスタインは “悲しく、病んでいる男だ”と、コメントした。 アレン監督は声明で、「私がハーヴェイ・ワインスタインのことを悲しく思うとコメントした時、彼が悲しく病んだ男であるという意味なのは明らかだと思っていました」と語り、「しかし、違った受け取り方をされたことに驚きました。曖昧な表現を無くすためにこの声明では、私の意図と気持ちを明確にします」と、続けた。 10月14日(現地時間)にBBCによるインタビューに答えたアレン監督は、「ハーヴェイ・ワインスタインをめぐる一連の出来事は、関わった全ての人々にとって非常に残念なことだと思います」「事件に巻き込まれた可哀想な女性たちにとっては悲劇で、めちゃくちゃになってしまったハーヴェイの人生は悲しいことです。そこには勝者は誰もいま... テキスト リンク

  • BUSINESS2017/10/18 13:13 米Facebook、10代に人気のネットワーキングアプリ『tbh』を買収

    Facebookは、匿名で回答できるソーシャル・ネットワーキングアプリ『tbh』を買収した。買収金額は明らかにされておらず、今後も単独アプリとして継続して運用する予定だ。10月16日(現地時間)にTechcrunchがこの買収を最初に取り上げ、買収金額は約1億ドルだったと報じた。 『tbh』は「あなたを一番笑わせる人は誰か?」、「誰の笑顔がもっとも素敵か?」といった選択式の質問を作成できる。ユーザーは自身のアドレス帳から選ばれた4人の選択肢から選ぶ。本人が希望しない限り、質問者は匿名のまま維持される。 事前作成による選択式の質問は、いじめを防ぐのに役立ち、『tbh』がターゲットとするティーンエイジャーに機能しているようだ。アプリはこの数週間で500万ダウンロードを記録し、AppleのiPhone無料アプリの上位にランクされている。 Facebookは、両社はコミュ... テキスト

    リンク
  • FILM2017/10/18 11:49 【動画】マーベルの新作映画『ブラックパンサー』、フルトレーラーを初公開

    マーベルが送るアクション満載の映画『ブラックパンサー』のフルトレーラーが公開された。 チャドウィック・ボーズマンが演じるティチャラはアフリカの架空の国ワカンダに帰郷する。そして、スーパーヒーローのブラックパンサーに変身する映像が流れる。 また、ティチャラの打倒をもくろむ亡命者エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)も登場し、「人生をかけてこの時を待っていた」、「世界はよみがえる。すべてを焼き尽くす」と言う。 ライアン・クーグラーがジョー・ロバート・コールと脚本を手掛け、監督を務める。ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、マーティン・フリーマン、ダニエル・カルーヤ、レティーシャ・ライト、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセット、フォレスト・ウィテカー、アンディ・サーキスらが出演する。 同作の初ティーザーは、6月に行われたNBAファイナルの4試合目の... テキスト

    リンク
  • FILM2017/10/17 11:16 映画『ダンケルク』のアナイリン・バーナード、映画版『ゴールドフィンチ』に重要な役柄で出演へ

    映画『ダンケルク』で一躍有名となったアナイリン・バーナードが、米ワーナー・ブラザースが手がける期待の映画『The Goldfinch(原題)』にボリスという重要な役柄で出演する。 同作はジョン・クローリーが監督し、アンセル・エルゴートが主役のテオ役を演じることが報じられている。 ワーナーとラットパックは、ピューリッツァー賞を受賞したドナ・タートの著作『ゴールドフィンチ』の映画化権を2014年に手に入れた。ラットパックは作品に出資し、プロデュースを手掛ける。『ゴールドフィンチ』は、美術館爆弾テロで母を失った少年、テオドール・デッカーを主人公とする。テオはラスベガスで怠け者の父親と一緒に暮らし、その後、美術品の偽造に関わるなど波乱万丈の人生を送る。 2017年の早い段階で、アマゾン・スタジオは2018年初頭に撮影を開始する本作への共同出資に合意した。総予算の3分の1以上を... テキスト

    リンク
  • FILM2017/10/17 08:00 映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『Gambit(原題)』、2019年のバレンタインデーに公開へ

    映画『Gambit(原題)』は、2019年2月14日にパワーを解き放つ。 米20世紀FOXは、映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画となる『Gambit(原題)』の米劇場公開日を決定した。チャニング・テイタムが主演する。 ゴア・ヴァービンスキーが、ジョシュア・ゼトゥマーの脚本をもとに監督を務める。テイタムとリード・カロリンが、自身が率いるフリー・アソシエーションを通じて、サイモン・キンバーグ、ローレン・シュラー・ドナーと共にプロデュースを手掛ける。 本名をレミー・ルボーと名乗る主人公ガンビットは、ニュー・オリンズ出身で運動エネルギーを操るパワーを持ち、棒やトランプを武器に使用する。1990年にクリス・クレアモントとジム・リーによってガンビットが生まれ、2009年の映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に初登場し、テイラー・キッチュが演じた。 米FOX... テキスト

    リンク
  • FILM2017/10/16 16:16 『アダムス・ファミリー』のアニメ版映画、『ソーセージ・パーティー』のコンラッド・ヴァーノンが監督へ

    コンラッド・ヴァーノンが、MGM製作による映画『アダムス・ファミリー』のアニメ版映画を監督する。本紙ヴァラエティが複数の情報筋から掴んだ。 コメディ・アニメ映画『ソーセージ・パーティー』を手掛けたヴァーノン監督は、製作会社ジャッカル・グループのゲイル・バーマンとアレックス・シュワルツらと共にプロデュースも手掛ける。 アダムス・ファミリーの原作は、漫画家チャールズ・アダムスによる不気味な家族の1コマ漫画で、雑誌『ザ・ニューヨーカー』に最初に掲載された。その人気を受け、1960年代にジョン・アスティンとキャロリン・ジョーンズが出演したテレビ番組が始まり、1970年代初頭にはアニメシリーズが放映された。1990年代の初めにリバイバル映画が公開され、アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリスティナ・リッチらが出演した。 ストーリーは、アダムズ夫妻(ゴメズとモーテ... テキスト

    リンク
  • 【動画】映画『スター・ウォーズ』の世界をVR体験できる『Star Wars: Secrets of the Empire(原題)』、12月16日に米ディズニー・リゾートに登場

    米オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに訪れる人々は、12月16日からディズニー・スプリングスで、映画『スター・ウォーズ』をVR体験出来る。10月11日(現地時間)、ロケーションベースのVRスタートアップ企業ザ・ボイドは、『Star Wars: Secrets of the Empire(原題)』の体験チケットが販売開始されたことをカリフォルニア州バーバンクにあるディズニー・アクセラレータのデモ・デイで発表した。 ザ・ボイド、ルーカスフィルム、ILMxラボがプロデュースを手掛けた『Star Wars: Secrets of the Empire(原題)』は、2018年1月5日からアナハイムのディズニーランド・リゾートにあるダウンタウン・ディズニーでもスタートする。新たに公開されたトレーラーでは、すべての体験を一足早く垣間見ることもできる。 『Star War... テキスト

    リンク
  • ガル・ガドット、第2次大戦後を舞台とするリベンジ・スリラー映画『Ruin(原題)』に出演交渉中

    映画『ワンダーウーマン』の主演女優ガル・ガドットが、映画『アサシン クリード』のジャスティン・カーゼルが監督するリベンジ・スリラー映画『Ruin(原題)』に出演交渉中だ。 このプロジェクトは、マーク・バタン率いるマッド・リバー・ピクチャーズが企画した。ライアン・ファーポとマット・ファーポが共同で脚本を執筆した同作は、第2次世界大戦後のドイツの元ナチスの大佐を中心とするストーリーだ。大佐は、元第2SS装甲師団 ダス・ライヒの生き残りを突き止め、自身の犯した犯罪を償おうとする。 ガドットは、2016年公開の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマンとして初登場した。今年、映画『ワンダーウーマン』は米ワーナー・ブラザースの大ヒット作となり、全世界で8億2100万ドルの興行総収入を記録した。ガドットは、11月17日に米劇場公開を控える同スタジオによ... テキスト

    リンク
  • 【独占記事】世界的に人気のボードゲーム『カタンの開拓者たち』の映画化が始動

    ドイツの人気ボードゲーム『カタンの開拓者たち』として知られる『カタン』の映画化に向け、米ソニー・ピクチャーズが交渉中にある。 映画『完全なるチェックメイト』、映画『パーフェクト ストーム』、映画『エアフォース・ワン』を手掛けたゲイル・カッツがプロデュースする。2015年に本紙ヴァラエティはカッツが同作の版権を獲得したと最初に報じた。 映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、映画『レゴバットマン ザ・ムービー』、映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』を手掛けたダン・リンとジョナサン・アイリッヒもプロデュースに参加する。ブレイズ・ヘミングウェイが脚本を執筆する。 スタジオは映画のシリーズ化に向けてプロジェクトを急ピッチで進めている。アンドレア・ジャンネッティがコロンビア側で監修を担う。 カッツは「私たちは、ソニーと共にカタンの象徴的な世界に生命... テキスト

    リンク
  • 米アップル、『世にも不思議なアメージング・ストーリー』のリブート版を製作へ

    米アップルがスティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン・テレビジョンによる往年のSFテレビシリーズ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』のリブート版を製作する。本紙ヴァラエティがつかんだ。 かつて、米国のテレビ局NBCがリブート版を製作する計画があった。ブライアン・フラーがアンブリンのダリル・フランクとジャスティン・ファルヴェイと共にアップル版リブートのエグゼクティブ・プロデューサーを務める。全10話からなるシリーズは、アンブリン、アップル、ユニバーサルTVの新しいコンテンツ契約の一部である。 NBCエンターテイメントのジェニファー・サルケ社長は「アップルの新事業においてザック(・ヴァン・アンバーグ)とジェイミー(・エルリヒト)と再びチームを組むことができて嬉しい」、「台本のある番組へのアップルの新しい取り組みに関われて光栄。スピルバーグ監督の『世にも不思議なアメ... テキスト

    リンク
  • ピクサー、映画『リメンバー・ミー』をVR体験できる『Coco VR(原題)』を発表

    10月11日(現地時間)、Facebookがカリフォルニア州サンノゼで開催したVR開発者向けのカンファレンス『オキュラス・コネクト』で、ピクサーが初のVRコンテンツ『Coco VR(原題)』を発表した。Oculus RiftとGear VRヘッドセット向けに11月に発売される。 『Coco VR(原題)』は、来月に米劇場公開を控える死をテーマとした長編アニメーション映画『リメンバー・ミー』の世界を、ユーザーが体験できる。このVR体験は、映画の世界を一緒に体験するためのソーシャルVRとしての機能を利用している。 ピクサーがオキュラスと共に製作し、一部のVR機能の開発はマグノスが協力した。 『Coco VR(原題)』は、まず11月15日にOclus RIft向けに配信を開始し、『リメンバー・ミー』が米劇場公開する11月22日には、Gear VR向けが配信される。 ... テキスト

    リンク
  • 米ディズニー・アニメーションによる映画版『ジャックと豆の木』が開発取り止めへ

    米ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによる『ジャックと豆の木』の物語の映画版『Gigantic(原題)』が、開発取り止めとなった。 米ウォルト・ディズニーとピクサー・アニメーション・スタジオの社長エドウィン・キャットマルは、「時として、どんなに素晴らしいアイデアでも、またどんなに心がときめいたとしてもうまくいかないことがあります」と語り、「『Gigantic(原題)』は、その段階に来てしまいました。難しい決定でしたが、現在は積極的な開発を終了しています。私たちは、現在取り組んでいる別のプロジェクトに力を注いでおり、このプロジェクトについては近いうちに発表できると思います。現時点では、2020年の感謝祭の日に公開を予定しています」と、続けた。 2015年に行われたD23 Expoで米ディズニー・アニメーションは、映画『塔の上のラプンツェル』のネイサン・グレノを監督... テキスト

    リンク
  • 映画『パワーレンジャー』のディーン・イズラライト監督、映画『Unexplained Phenomenon(原題)』の監督に決定

    映画『パワーレンジャー』のディーン・イズラライト監督が、アンブリン・パートナーズによる超自然現象を描くファミリーアドベンチャー映画『Unexplained Phenomenon(原題)』の監督を手掛けることが決定した。 アレックス・ハインマンとアンドリュー・ローナが、自身が率いるピクチャー・カンパニーを通じてプロデュースする。実際の出来事をもとにした同作は、生活と家庭を激変させるミステリアスな物を発見した家族を中心に展開する。家族は、専門家とその10代の娘の助けを求める。娘はそのミステリアスな物と関連があるようだ。 同作のタイトルは、現在も調査中で未解決事件であるFBI管轄の事件をもとにしている。プロデューサーは、未知の超自然現象のシリーズ化のスタートとして同プロジェクトを進める計画だ。 2015年のSFスリラー映画『プロジェクト・アルマナック』でイズラライト監督... テキスト

    リンク
  • 【動画】映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の劇場版フルトレーラーが公開

    米ウォルト・ディズニーとルーカスフィルムは映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の待望の劇場用トレーラーをESPNのスポーツ番組『マンデー・ナイト・フットボール』放送中に公開した。 トレーラーではルーク・スカイウォーカーがレイにフォースを教えている。『フォースの覚醒』だ。スカイウォーカーは「私は、このむき出しの強さを1度だけ見た」、「かつては恐れなかったが、今は違う」と言う。 カイロ・レンが行動を起こし、レイアが心配そうに見守る。フィンはストームトルーパーと闘い、レイは銀河系の問題に関する自身の役割に疑問を覚える。レンはレイに手を差し伸べる。 このトレーラーは、4月に最初のティーザーを公開して以来のものだ。NFLの試合(ミネソタ・バイキングス対シカゴ・ベアーズ)のハーフタイム中に放映された。 また、両スタジオは10月10日(現地時間)、ルーク・スカイウォー... テキスト

    リンク
  • 【独占記事】ウィル・スミスとトム・ホランドがアニメ映画『Spies in Disguise(原題)』で共演へ

    本紙ヴァラエティは、ウィル・スミスとトム・ホランドがアニメーション映画『Spies in Disguise(原題)』で声優として共演するという情報を掴んだ。 同プロジェクトは、2009年に公開されたルーカス・マーテルの短編アニメーション映画『Pigeon:Impossible(原題)』をもとにしており、政府から支給された核のブリーフケース(いざという時に核攻撃の命令を出すための装置)に鳩が入り込んでしまい、危うく世界的な紛争を引き起こしてしまいそうになるスパイの様子を追うストーリーだ。長編映画は、米フォックス・アニメーション・スタジオが手掛け、ブルー・スカイ・スタジオとチャーニン・エンターテインメントが監修する。 『Spies in Disguise(原題)』は、映画『メアリーと秘密の王国』、映画『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』を手掛けたニック... テキスト

    リンク

  • 1【独占記事】ウディ・アレン監督、ハーヴェイ・ワインスタインについて「彼...リンク
  • 2【動画】マーベルの新作映画『ブラックパンサー』、フルトレーラーを初公開...リンク
  • 3米Facebook、10代に人気のネットワーキングアプリ『tbh』を買...リンク
  • 4実写映画版『ムーラン』、ニキ・カーロ監督を起用へリンク
  • 5『ストレンジャー・シングス』シーズン2、レトロな無料ゲームアプリを公開...リンク