サム・メンデス、第一次世界大戦を描く映画『1917(原題)』の監督へ

FILM2018/6/20 12:47 スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン・パートナーズが、第一次世界大戦を描く映画『1917(原題)』をオークションで獲得し、出資することが決まった。サム・メンデスが監督を務める。 同作は2019年4月に製作を開始し、2019年12月に米ユニバーサル・ピクチャーズの配給のもとで米劇場公開する予定だ。メンデス監督は、クリスティ・ウィルソン=ケアンズと共に自身の初となる脚本も手掛ける。また、自身が率いるニール・ストリート・プロダクションズのパートナーのピッパ・ハリスと共にプロデュースも手掛ける。 スティーヴン・スピルバーグは、「同社はサムにとって初作品以来のホームです」「私はサムが新しいストーリーを持って戻って来ることを嬉しく思います。特にこのような非常に大胆で野心的な映画と共にね」と、語った。 第一次世界大戦が舞台であること以外は、ストーリーの詳細は明かされていな... テキスト リンク

  • FILM2018/6/20 08:11 【独占記事】ジャレッド・レトー演じるジョーカーの単独映画が進行中

    米ワーナー・ブラザースは、2016年公開の映画『スーサイド・スクワッド』で初披露されたジャレッド・レトー版のジョーカーを拡張しようとしている。 関係者によれば、『スーサイド・スクワッド』から分化する形でジョーカーの単独映画が企画されており、レトーが主演とエグゼクティブ・プロデュースを兼務する。タイトルは未定。 プロットの詳細はまだ明かされていないが、スタジオは『スーサイド・スクワッド』で構築された世界観を拡大し、今後のシリーズ化に結び付けたい考えだ。ワーナーは、既にマーゴット・ロビーが演じるハーレイ・クインを主人公とする作品を、映画『Birds of Prey(原題)』と共に開発中であると発表しており、次の目標は、レトーが演じるジョーカーの作品を製作することだった。 2017年秋に、ワーナーはトッド・フィリップス監督によってジョーカーの起源を描く映画を開発している... テキスト

    リンク
  • FILM2018/6/19 13:20 映画『ワンダーウーマン』の続編映画、クリス・パインが再演へ

    みんなが大好きな投げ縄の戦士の女神が戻ってくる。お馴染みの友達を連れて。 映画『ワンダーウーマン』の続編となる映画『Wonder Woman 1984(原題)』の撮影が現在進行中だ。6月13日(現地時間)、前作に続き再び監督を務めるパティ・ジェンキンスが、待望のファースト・ルックを公開した。 (ネタバレ注意!)ジェンキンス監督は、前作の終わりに第一次世界大戦で爆死したクリス・パイン演じるスティーブ・トレバーの写真をツイートした。驚くべきことに、舞台は1984年にもかかわらず彼は変わらず格好良く決まっている。 ガル・ガドットも、ワンダーウーマンとして知られるプリンセス・ダイアナがテレビのウィンドウの前に立つ姿を投稿した。 以前ジェンキンス監督は、同作は1980年代の米国が舞台になることを明かした。クリステン・ウィグが悪役チーターを演じ、ペドロ・... テキスト

    リンク
  • TV2018/6/19 11:29 ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シーズン6のファーストルック公開、ロビン・ライトが大統領に

    ついに、大統領執務室が彼女のものになるときが来た。 Netflixが新たに公開したドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のファースト・イメージで、ロビン・ライト演じるクレア・アンダーウッドが大統領府で存在感を見せている。 シーズン6で最後となる『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は、ライト演じるクレアが、大統領執務室で夫フランク・アンダーウッドの組織を引き継ぐ様子を中心に描く。シーズン5まで狡猾な政治家フランク・アンダーウッドを演じたケヴィン・スペイシーは、昨年末、立て続けにセクハラ疑惑の渦中に置かれたため、同番組から外された。 Netflixによるこのオリジナル・シリーズで、ライトはエミー賞に5回ノミネートされた。 シーズン6の新キャストには、ダイアン・レインやグレッグ・キニア、コーディー・ファーンらが名を連ねる。マイケル・ケリー、ジェイン・アトキ... テキスト

    リンク
  • FILM2018/6/19 07:55 【独占記事】ユアン・マクレガー、映画『シャイニング』の続編映画『Doctor Sleep(原題)』に出演へ

    ユアン・マクレガーが、往年のホラー映画『シャイニング』の続編でダニー・トーランス役を演じる。原作はスティーヴン・キングの小説『ドクター・スリープ』。製作は米ワーナー・ブラザース。 複数の情報筋によれば、キングはマクレガーの出演を歓迎している。 キングの小説を基にしたNetflixのTVシリーズ『ジェラルドのゲーム』のマイク・フラナガンが監督する。フラナガンのプロデュース・パートナーであるトレヴァー・メイシーが、ヴァーティゴ・エンターテインメントのジョン・バーグと共にプロデュースする。 ワーナーは、何年も前から『シャイニング』の前日譚となる映画『Overlook Hotel』と共にこの映画を開発してきたが、どちらの映画も予算の確保に苦しんでいた。しかし、ニューラインによる映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が成功したことから、キング作品の権利を持つ全ス... テキスト

    リンク
  • FILM2018/6/18 15:49 【動画】ロビン・ウィリアムズの胸の張り裂けそうなドキュメンタリー・トレーラーが公開

    米HBOで放送されるロビン・ウィリアムズのドキュメンタリー番組のファースト・トレーラーは、ウィリアムズを最も良く知る人々による彼の人生の栄枯盛衰を紹介する内容になっている。 『Robin Williams: Come Inside My Mind(原題)』は、2014年に自殺するまでのウィリアムズの人生とキャリアを追う。同作は、ビリー・クリスタル、エリック・アイドル、ウーピー・ゴールドバーグ、デヴィッド・レターマン、スティーヴ・マーティンなどを含む、これまで非公開だった映像や友人とのインタビュー形式でウィリアムズ自身が主にナレーションを務める。 トレーラーは、「観客の前で1人で立って演じることはサバイバルです。私にとってそれはジャズであり、私がやらなければならないことです」と語るウィリアムズに加え、キャリアを通して様々なコメディの舞台を演じる彼の様子が収められている。また、... テキスト

    リンク
  • アマンダ・セイフライド、ケヴィン・ベーコン主演のスリラー映画『You Should Have Left(原題)』に出演へ

    ジェイソン・ブラムの超常現象スリラー映画『You Should Have Left(原題)』に、アマンダ・セイフライドがケビン・ベーコンの妻役で出演することが明らかになった。 デヴィッド・コープが、ブラムハウス・プロダクションに向けて自身の脚本をもとに監督する。ブラムハウスは、2018年後半に撮影開始する予定だ。 同プロジェクトは、2017年に出版されたダニエル・ケールマン原作の小説をもとにしており、アルプスの人里離れた家に住み、自身のヒット映画の続編を手掛ける脚本家の姿を追うストーリーだ。原因不明の出来事によって、脚本家は自分の軸足を見失い始める。 ベーコンは、同プロジェクトをコープ監督に持ち込み、今年初めにブラムハウスで製作することを決定した。ベーコンとコープ監督は、1999年公開の超常現象スリラー映画『エコーズ』で共に仕事した。コープ監督は、映画『ジュラシック・... テキスト

    リンク
  • ティム・バートン監督の映画『ダンボ』、初トレーラーを公開

    6月13日(現地時間)、CGIのゾウが実写版映画『ダンボ』の初トレーラーで空を飛んだ。製作は米ウォルト・ディズニー。 「この愛しい物語は、あなたを新たな感動へと導くでしょう」というメッセージと共に、80秒間のトレーラーの最後にダンボが飛行する。 ティム・バートンが、1941年のアニメ映画を基に監督を手掛ける。ダニー・デヴィートは経営が苦しいサーカスのオーナー役を演じる。彼は、耳が大きいことで笑い者となる産まれたばかりのゾウの世話をさせるために、かつてのスター、ホルト・フェリヤー(コリン・ファレル)とその子供たちのミリー(ニコ・パーカー)とジョー(フィンレー・ホビンズ)に依頼する。 パーカーは、「どんなに小さくても、ここではみんな家族だよ」と、悲しい目をしたゾウに語る。 トレーラーの終盤では、ミリーがダンボの飛行に欠かせない存在となっていることがわかる。ミリー... テキスト

    リンク
  • 映画『ハンガー・ゲーム』のフランシス・ローレンス監督、ハルク・ホーガン対ゴーカー社の訴訟事件を映画化

    映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの最後の3作品や映画『レッド・スパロー』を手掛けたフランシス・ローレンス監督が、映画『Conspiracy: Peter Thiel, Hulk Hogan, Gawker, and the Anatomy of Intrigue(原題)』の監督とプロデュースを行う。 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞を獲得したチャールズ・ランドルフが脚本を手掛けると、ブラックロック・プロダクションズのCEO兼パートナーのデイビット・A・ヌーマンが3月に述べた。 6月11日(現地時間)には、本作の主要登場人物のピーター・ティールやハルク・ホーガン、ニック・デントンらの役に、ハリウッドのトップ俳優を検討していると、ヌーマンが明かした。 2月に発売された書籍『Conspiracy: Peter Thiel, Hulk Hogan, ... テキスト

    リンク
  • J・J・エイブラムスとザカリー・クイント、タブ・ハンターとアンソニー・パーキンスの秘密の恋愛を映画化

    J・J・エイブラムスとザカリー・クイントが、タブ・ハンターとアンソニー・パーキンスの秘密の恋愛を描いた映画をプロデュースしている。製作は米パラマウント・ピクチャーズ。 映画『Tab & Tony(原題)』と名付けられた本作は、開発の初期段階にあり、まだ俳優や監督などは決まっていない。演劇『I AM MY OWN WIFE 私が私自身の妻である』でピューリッツァー賞を獲得した劇作家ダグ・ライトが脚本家に指名された。 プロデューサーには、バッド・ロボットを通じてエイブラムス、映画『スター・トレック』でコラボレートしたクイント、また、ハンターの長年のパートナーであるアラン・グレイザーとニール・コーニグスバーグらが名を連ねる。 本作は、1950年台に同性愛者という現実を受け入れるために葛藤したハンターの物語を軸にしている。ハンターは2005年に自叙伝『Tab Hunter... テキスト

    リンク
  • 映画『スター・ウォーズ』シリーズのケリー・マリー・トラン、ハラスメントを受けてソーシャルメディアから離れる

    映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でローズ・ティコ役を演じたケリー・マリー・トランは、数ヶ月に及ぶソーシャルメディアでのハラスメントを受け、ソーシャルメディアから離れた。 6月4日(現地時間)の夜、『スター・ウォーズ』のファン・アカウントの@SWTweetsは、トランが自身のインスタグラムからすべての投稿を削除し、白黒のプロフィール写真と「怖いけれど、とにかくやるしかない」とだけ残したことを報告した。 トランは、同シリーズで初の非白人女性の主要キャラクターを演じ、『スター・ウォーズ』のファンたちから、演技、容姿、アジア人であることに非難を浴びた。オルタナ右翼のYouTuberポール・レイ・ラムジーは、トランの容姿について公言し、「ウーキーペディア(Wookieepedia)」のトラン役のページは、攻撃的で人種差別的な言動の投稿者によって書き換えられた。 『ス... テキスト

    リンク
  • リース・ウィザースプーン主演の映画『キューティ・ブロンド』シリーズ3作目、2020年のバレンタインデーに公開へ

    MGMは、エル・ウッズが2020年のバレンタインデーに戻ってくると明かした。 リース・ウィザースプーンは、映画『キューティ・ブロンド』シリーズ3作目で女子大生が弁護士になる役を再演する。自身が率いる製作会社ハロー・サンシャインを通じてプロデュースも手掛ける予定だ。オリジナル映画をプロデュースしたマーク・プラットが、自身が率いるプラット・プロダクションズの社長アダム・シーゲルと共にプロデュースを手掛ける。 同作の監督はまだ決まっていない。MGMは、キルステン・スミスとカレン・マックラーを脚本家に指名した。マックラーは、2001年のオリジナル版の脚本を手掛けた。 映画『Legally Blonde 3(原題)』は、2020年2月14日に米劇場公開する5作の映画の中のひとつだ。そのうち3作はまだタイトルが決まっていない。同日公開の4作は、米FOXによる映画『Nimona... テキスト

    リンク
  • 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラー公開、ディズニーの歴代プリンセスが総登場

    映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラーが公開された。ディズニーの歴代プリンセスが総登場している。 登場するプリンセスには、モアナ(アウリイ・クラヴァーリョ)、『アナと雪の女王』のアナ(クリステン・ベル)、『メリダとおそろしの森』のメリダ(ケリー・マクドナルド)、『プリンセスと魔法のキス』のティアナ(アニカ・ノニ・ローズ)、ポカホンタス(アイリーン・ベダード)、『アラジン』のジャスミン(リンダ・ラーキン)、『美女と野獣』のベル(ペイジ・オハラ)、『リトルマーメイド』のアリエル(ジョディ・ベンソン)らが含まれる。 主人公のヴァネロペは、彼女たちからプリンセスであるかどうかを試す質問をされる。「あなたのあらゆる問題は、大きく強い男性の登場によって解決されると、誰もが確信できるかしら?」。 トレーラーは、6月4日(現地時間)に米ウォルト・ディズニー・アニメ... テキスト

    リンク
  • 映画『キャノンボール』のリメイク版、ダグ・リーマン監督と交渉を開始

    アクション映画の専門家、ダグ・リーマン監督が、映画『キャノンボール』のリメイク版を手がける交渉の初期段階に入っている。製作は米ワーナー・ブラザーズ。 ワーナーは昨年、本作の監督を映画『セントラル・インテリジェンス』のローソン・マーシャル・サーバーに打診し、映画『ポリス・バカデミー/マイアミ危機連発!』に主演したトーマス・レノン、ロバート・ベン・ガラントらと脚本執筆の交渉を進めていた。アンドレ・モーガン、アラン・ガスマーは映画のプロデュースを担当する。ジェシー・アーマンとポール・ペレスがスタジオ側からプロジェクトを監修する。 オリジナル版には、バート・レイノルズ、フランク・シナトラ、ロジャー・ムーア、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・Jr、ドム・デルイーズらが出演した。非公認の大陸横断レースを舞台に、レースの参加者が互いに汚い手口で勝利を競いあった。 シリーズは... テキスト

    リンク
  • 映画『アダムス・ファミリー』のアニメ版、オスカー・アイザックやシャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツらが声優として出演へ

    オスカー・アイザックとシャーリーズ・セロンが、映画『アダムス・ファミリー』のアニメ版でゴメズとモーティシア・アダムスの声を演じる。製作はMGM。 このほか、クロエ・グレース・モレッツがアダムス夫妻の娘のウェンズデー・アダムス、フィン・ウォルフハードが弟のパグズリー・アダムス、ニック・クロールが叔父のフェスター、ベット・ミドラーが祖母、アリソン・ジャネイが一家の宿敵のマーゴ・ニードラーの声をそれぞれ演じる コンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンが共同で監督する。チャールズ・アダムスのコミック・シリーズを原作とし、マット・リーバーマンが脚本を執筆する。ヴァーノンとゲイル・バーマンが、ザ・ジャッカル・グループを通じてアレックス・シュワルツと共にプロデュースを手掛ける。アンドリュー・ミットマン、ケビン・ミセロッキ、ジョー・アーリーらがエグゼクティブ・プロデューサーを務める... テキスト

    リンク

  • 1ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シーズン6のファーストルック...リンク
  • 2ビル・パクストンの死に多くのハリウッド・セレブが反応:「天国はさらに楽...リンク
  • 3映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のジェームズ・ボビン監督...リンク
  • 4映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に『スター・ウォーズ...リンク
  • 5映画『Justice League(原題)』、アンバー・ハード演じるア...リンク